三重県中部をメインに撮影した野鳥・今日の一枚です。
画像クリックで拡大します。

**光昌のホーム**

2018/11/12(月)


シロチドリも11月に入って随分夏羽が増えてきました。
この時期の海辺のシギたちは地味な灰色の冬羽ばかりなので
頭部の赤い♂夏羽は小さいけれど見栄えがします。

3-4枚目 青い海にオオホシハジロが映えてました。
先週に撮った写真です。。


2018/11/10(土)


今日は運がありました。地道な探鳥が報われた日でした。
ゴミの中の鳥をスコープで捉えたら背中が濃褐色、足も嘴も見えないけれどハジコチに違いない。。
動くまで待ち確認し撮り始めたら飛んでしまいました。飛んだ方向数百メートル先で見つけたらなんと2羽になってました。
過去ハジコチは単独ばかりで複数同時に見たことはなくしかも成鳥冬羽と第1回冬羽。
今日は最後まで運がありました。撮り終えたらそれを待っているかのように飛んで行きました。
写真好きな人には背景がイマイチで良い絵とは言えないですが
シギチ好きな私にとっては成鳥と若様のツーショットは嬉しい絵になります。


2018/11/08(木)


1枚目:ツルシギが入ってもオオハシシギが入っても直ぐ行方不明になります。
その最大の原因がこのオオタカ成鳥です。
今日もタカブシギを見ていたらその傍でオオタカがカモを襲いました。
5分ほどカモを水中に押さえつけていただろうか。
2枚目:ハヤブサ幼鳥。
3枚目:ミサゴ成鳥。
4枚目:タカブシギ成鳥冬羽。



2018/11/07(水)


鳥見をお休みしました。2日前のハマシギを。
1枚目:成鳥冬羽
2枚目:成鳥冬羽
3枚目:成鳥冬羽(右前)と第1回冬羽(左奥)
4枚目:第1回冬羽  泳ぐハマシギは久しぶりでした。


2018/11/06(火)


1枚目から4枚目迄同じ個体です。トウネンが1羽残ってました。第1回冬羽に換羽途上です。
これがトウネンの第1回冬羽だと書けるところまで残ってほしいです。
ヨーロッパトウネンの第1回冬羽よりトウネンの第1回冬羽の方が私には希少価値があります。


2018/11/05(月)


いつもと変わらぬ顔ぶれ、変化のない日でした。カモは随分増えてきたけれど
シギチはハマシギ、ミヤコドリが多いだけで鳥のいない日、そんな一日でした。

写真1-2枚目はダイゼン成鳥冬羽、3枚目はダイゼン幼鳥。4枚目はダイゼン第1回冬羽に換羽中


2018/11/03(土)



1-2枚目:コオバシギ第1回冬羽に換羽中
これまでで最も遅く出会った幼鳥はいつなのかを調べてみたら昨年の11月2日でした。
今日は11月3日だから記録となります。私の記録という意味です。昨年の個体も第1回冬羽に換羽中でした。

3−4枚目:オオハシシギ成鳥冬羽
10月13日に飛来した2羽の幼鳥は16日には姿を消してました。そのまま越冬するものと思っていましたが
16日からオオタカが姿を見せるようになり追われたのかも知れません。
今日の個体は成鳥なので全く別の個体です。オオハシシギは2008年から毎年、当地で数羽が越冬するようになりました。
越冬が途切れることがないように春まで頑張ってもらいたいです。


2018/11/01(木)


1枚目のシロチドリは雨覆に擦れた幼羽が残ると見て第1回冬羽との判断です。シロチドリの年齢識別はほんに難しい。
2-4枚目は同じハジロコチドリです。こちらは迷いなく成鳥冬羽とできます。


2018/10/31(水)


昨日のオジロトウネンを。
1枚目の写真を見た時、これは誰だと思ってしまいました。
ジロネンは顔に強弱の模様がない灰褐色ののっぺりした顔が特徴との固定観念があり、
ジロネンにしては眉斑が白く目立ち、垢抜けした明るい顔に見え、疑いを持ちました。
だが見直してみればオジロトウネン成鳥冬羽でなんの問題もない。
2枚目は分かりよいジロネンの顔つきをしています。第1回冬羽です。



2018/10/30(火)


ヨーロッパトウネン。上面に多くの擦れた旧羽を残す夏羽から冬羽に換羽途上の成鳥。
大変興味深い個体です。冬羽への換羽が遅れている、摩耗した多くの旧羽を残す10月30日の羽衣。
体形からヨロネンで問題ないと思います。


2018/10/29(月)


1-2枚目:今季初見のコチョウゲンポウ、
上面に青灰色の羽が出ているように見えるので♂幼鳥だろうか。
3枚目:ハヤブサ♂成鳥
4枚目:今日はトウネンが7羽もいた。
最近はトウネンと出会っても1-2羽でした。まだ第1回冬羽と言えるものはいなかった。


2018/10/28(日)


今日は鳥見をお休みしました。上げるものがないので今日の一枚も休もうと思いましたが、我が家の珍客ジョウビタキを。
3日前に♂が庭に来て、その後,姿を見せませんが、今日は♀が我が家の玄関から家の中に入ってきました。
保存画像の整理をしていたら窓で羽ばたきの音、外に出たくても窓が開いてないのだから出れるはずもない。
窓を開けても天井に向かって逃げようとする。さて、困ったどうしようかと、タモを買ってきて捕獲するしかないか。
警戒心を取り除くために家の全ての入り口を開け、私も家の外に出て1時間ほどして戻ったらジョウビタキの姿はなかった。
さて、明日元気に庭に来てくれるだろうか。ミルワームを用意して待っています。


2018/10/27(土)


1枚目:イソシギ成鳥冬羽。2枚目は1枚目が成鳥だという証の写真です。
3枚目はコガモ♂成鳥で4枚目は♂幼鳥と思いますが、それでいいのかどうか。
見慣れたカモでたくさんいるけれどカモの年齢識別は自信がありません。


2018/10/25(木)


1-2枚目:ソリハシシギ第1回冬羽に換羽中。
この子も明日はいるかどうか。ソリハシは11月まで残ったことがありません。
3枚目:セイタカシギ、♀第2回冬羽。
♀・♂とも1年目は嘴基部に赤みが残りますが、♀に限っては2年目の個体も残ることがあります。
4枚目:今季初見はカンムリカイツブリでした。海も冬の様相を見せ始めました。


2018/10/24(水)


1年中見られる普通種ケリですが
綺麗な砂浜海岸のケリはシャッターを押す気にさせてくれます。
1-2枚目は幼鳥(第1回冬羽)、3枚目は成鳥冬羽。4枚目の飛び物は幼鳥。


2018/10/23(火)


オナガガモ×ヒドリガモの雑種が今年も姿を現しました。同じ個体であれば3年目になります。
他のカモがかぶるので撮影に手間取りましたが忘れず来てくれたことに感謝しなければ。

4枚目はオバシギです。換羽が進んできましたが
これが第一回冬羽と言える迄滞在してほしい。


2018/10/22(月)


ツルシギ幼鳥が4羽、冬羽が少し出ている個体もいますが・・・

1羽でも成鳥が混じっていてくれれば嬉しさも倍増ですが秋に姿を見せるツルシギは幼鳥ばかりです。
幼鳥と成鳥の渡りのコースが秋と春でまるきり違うのでしょう。秋の成鳥は未見です。
4羽の内の1羽が足に故障を抱えています。治癒してほしい。



2018/10/20(土)


今日は大和川までチュウダイサギを撮りに行きました。と書けばそれは違うだろうと・・・
たまには地元を離れて他所の水辺で気分転換というか、リフレッシュしてきました。
狙いの鳥は外れでしたが、大和川のサギ、カモメ、地元では味わえない水辺の空気はとても新鮮でした。


2018/10/18(木)


1枚目:トウネン第1回冬羽に換羽中。
これが第1回冬羽の羽衣だと言えるまで居てほしいですがそろそろか。この個体が今シーズン最後の1羽にになりそう。

2枚目:今秋ほどオオソリハシシギ幼鳥の渡来が少ない年は記憶にありません。
オオソリはトウネンと違い11月まで残る確率が強いです。12月初旬まで居残った年もあります。

3枚目:オバシギ第1回冬羽に換羽中。オバシギも今月いっぱいが限界か、完成度の高い第1回冬羽の羽衣を見せてほしいですが。



2018/10/17(水)


チュウシャクシギは最近、全く見ていなかったのですが、石積の上で休息してました。
動かないので30分ほど待ってやっと動きのあるものを撮れました。
冬羽が出ていない擦れた夏羽後期の成鳥のように見えたからです。、



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
Top「光昌のホーム」
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71