三重県中部をメインに撮影した野鳥・今日の一枚です。
画像クリックで拡大します。

**光昌のホーム**

2013/12/31(火)


12月24日に田んぼに入っていたダイシャクシギ。
同じ個体が今日も田んぼに入ってました。
田んぼの好きなダイシャク、不思議なダイシャクシギだ。

ツクシガモが1羽 居たよと言うので見て帰ってきたら
雲出川河口にも1羽。同じ個体なのかどうか。
私の車を追い越してきたのか、それとも別個体なのかは分からない。
最後にミヤコドリを撮って2013年の鳥見を終えました。
それでは皆様良きお正月をお迎えください。


2013/12/30(月)

2013年もあと一日になりました。

HPを持って11年が過ぎました。野鳥趣味に入って9年が過ぎました。
夢中で没頭してきたような気がします。
まだ9年しかたっていないのだと思う反面もう9年を過ごしたのかとも・・・

皆様と一緒に楽しい野鳥生活を過ごしていきたいと思います。
来年も引き続き宜しくお付き合いくださいませ。

1枚目:タシギ第1回冬羽。
2枚目:タシギ成鳥冬羽。
3枚目:タカブシギ第1回冬羽。
4枚目:タカブ別個体。第1回冬羽。





2013/12/27(金)

寒いのと刺激ある鳥が見つけられないので
遠くの鳥を車内から眺めているだけで終わってしまう。
根性のない日々が続いています。
コクガンとハマシギを......


2013/12/24(火)


コクガン19羽を1画面に収めようと少し粘ってみたが
カモ郡の中にバラついてまとまってくれません。長期戦になりそう。
今日は遠くのカモたちを見ていただけ。他に何もなかった。
タゲリが50ほどいたが車を見ただけで離れていく。愛想のない子たちだった。

1枚目:はるか遠くのコクガン。
2枚目:タゲリ第1回冬羽。
3枚目:チュウヒ。


2013/12/24(火)

昨日の鳥見から。

田んぼのダイシャクシギ。これは私にとって貴重な画像になりました。
ダイシャクは田んぼに入らない。田んぼにいればそれはホウロクと思っていいだろうと。
HP上で何度か書いた記憶があります。
それは暴風時で海岸線がどれだけ荒れてもダイシャクが内陸側に避難したことはなかったこと。
10年ほど近郊のシギチを観察してきて一度もなかったことからでした。
海岸堤防を走っていると車の上を嘴の長い大型シギが飛んで田んぼに下りました。
腰から背が白い、翼下面が白い。田んぼに回って確認に行くとダイシャクで間違いなし。
田んぼのダイシャクシギ第1回冬羽。嬉しいサプライズでした。

昨日はコクガンが19羽に増えていたし、しかしこれは遠くて1画面には収めきれなかった。

ツルシギが1羽。越冬するか。12月下旬にもなるこの時期のツルシギは初めてでした。
これも昨日の嬉しい出会い。。ツルシギ第1回冬羽。




2013/12/21(土)


車外に出てまで撮影する勇気がないと言うか鳥がいないと言うか。
最近は根性が失われてきたような。
変わったものとの出会いがないのでいつもの顔ぶれから、
ミユビシギの食べているものを狙っては見たが
蟹でもない海老でもないような。
タシギも一生懸命嘴を突っ込んでは餌を漁っているが
これも分かるように写すことは出来ません。


2013/12/16(月)

変わりない近郊でした。車から出たくない寒さでした。
今日は雲出川河口と坂内川のシギチのカウント調査をしましたが
両河口を合わせてもシギチはハマシギ、ダイゼン、シロチドリ、ミユビシギの4種を見ただけでした。
近郊で越冬するシギチは例年より少ないがダイゼンだけは多い。
1枚目:オオハシシギ成鳥夏羽。
2枚目:ミユビシギ成鳥冬羽。
3枚目:セイタカシギ♀成鳥冬羽。
4枚目:ズグロカモメ。今日は13羽を見たがもっといるのかも。


2013/12/13(金)


寒いので車から出ず ずぼら撮りが多いです。
昨年からタシギをよく撮るようになりました。
タシギはジシギの基本種だからタシギを覚えれば
他のジシギの判別も容易になるだろうと。
判別には種の判別もあれば年齢の判別もあります。

ジシギの識別はそんなに甘くはないとおもいますが
基本種をしっかり見て覚えないと...始まりません。

画像は成鳥冬羽





2013/12/12(木)

帰路に出会った電線コチョウゲン。
撮りだしたら飛ばれ、飛ばれた方向に車を走らせたらクサシギが目の前に。
シギチは近距離であれば種を問わずカメラを向けます。
撮りだしたらクサシギの傍にエリマキが飛んできた。
コチョウゲンがクサシギを呼び、クサシギがエリマキを呼んでくれました。
エリマキが飛んできたのはこれまでシギチを見たこともない田んぼ。
鳥の出会いは運と縁だとつくづく思う。
画像は全て地元ではありません。プチ遠征。
1・2枚目:エリマキシギ 第1回冬羽に近いがまだ換羽中
体が小さかった。♀と思う
3枚目:クサシギ、第1回冬羽に換羽中。
4枚目:コチョウゲン♀

 


2013/12/10(火)


雲出川河口にコクガンが15羽。これは雲出川河口の記録でしょう。
いや三重県の記録になるかなと思います。
過去の飛来数は最も多い時で13羽が最高と記憶しています。


2013/12/09(月)

地味な鳥だけどヨロネン冬羽と聞くだけで惹かれてしまう。
遠くて満足な画像はなかったけどこれで良しとしなきゃ。

突然訪れていい写真が撮れるほど甘くはありません。
地道な観察を続けている地元のお人のようにはいきません。

写真も写真だが地元の人が暖かく接してくれることがとてもうれしい。
今日も楽しい一日を過ごせました。感謝です!

ーーヨーロッパトウネン成鳥冬羽ーー


2013/12/07(土)

今日は尾鷲市で探鳥を忘れのんびり過ごしました。
目的はnaokitaさんの野鳥写真展でした。
作品としての野鳥写真を鑑賞するのもまた楽しです。

私はいつも識別を目的にただ野鳥を撮っているだけ。
芸術作品とは遠いところにいます。

写真展は15日まで開催されています。
naokitaさんのブログで紹介されています。
ブログタイトル「こんなん撮っています」
http://naokita.blog29.fc2.com/

今日はカメラは用なしでした。
昨日の保存から♂タゲリ成鳥冬羽を。今年はタゲリがとても多い。



2013/12/05(木)

穏やかな素晴らしい天気と探鳥の成果は結びつかないようで。
シギチはタゲリ、タシギ、ケリ、ハマシギを撮影できただけでした。
昨年の今頃はよくカモメも撮っていたような気がするのだけど
今日はセグロカモメ、オオセグロカモメに1羽も出会えなかった。
不思議な日でした。大型カモメ、松阪から伊勢の海岸から消えていた。
沖にただ1羽で白いカモメが浮いてるだけでした。
いつもはセグロと一緒にいるのだけど広い海にシロカモメが1羽だけぽつんと。
遠くて泳いでいる姿はだめだったけど運よく飛んでくれて証拠画像だけはゲットしました。


2013/12/03(火)

探鳥の帰路 食事に入った店に携帯を忘れ家に着いてから気が付く大ばか者でした。
携帯をとりに往復2時間、時間とガソリンの浪費もいいところ。
これと言って貼るものもないし・・・
今日のウソと3日前のマヒワでも。いい画像ではないですが今季初撮影と言うことで。
シギチがオフシーズンなので午前は小鳥を午後は水鳥というパターンが多くなっています。





2013/12/02(月)

津市から伊勢まで海岸線を流してみても特別なものは何もなかった。走り損。
今年は大型カモメが少ない。ちっとも増えて来ない。
よく見るようになったのはチュウヒだけ。
1枚目:オオハシシギ成鳥冬羽。
2枚目:タカブシギ第1回冬羽。
3枚目:タシギ第1回冬羽。
4枚目:イソシギ第1回冬羽。




2013/11/29(金)


貼るものがないので今日の1枚はお休みにと思いましたが
最近の保存画像からタカブシギを・・・
1枚目と2枚目は同じ個体です。光の条件が異なると羽色が違って見え別個体ではないかと思ってしまう。
ータカブシギ第1回冬羽に換羽中ー


2013/11/28(木)


今日のような寒い日にお山に探鳥に行かなくてもいいのに。
行くところもないので紅葉見物兼ねて・
確か午後から晴れになる予報だと思ってたのですが
低い山なのに雪がチラつく天気になりました。
今日もこれと言って貼る鳥がない。「今日の1枚」も画像不足が深刻です。
1枚目:コゲラ、いっぱいいるのに最も紅葉の綺麗なところには来てくれなかった。
2枚目:昨日のミユビシギ。前2羽が第1回冬羽で後ろの1羽が成鳥冬羽です。


2013/11/26(火)


今季初見はシロカモメでした。
久しぶりに見るシロカモメはセグロの中で白さが際立っていました。
当地の大型カモメの渡来はとても少ない。遅れているのだろうか?
1枚目、2枚目:シロカモメ。
3枚目:コクガン。
4枚目:タシギ成鳥。タシギの尾羽久しぶりに撮ったような気がする。


2013/11/23(土)

珍しいカモでもいないかと近郊の名もない池を巡って見ましたが
どこにでもいるカモばかりでなにもありません。
探鳥終わってみれば今日も顔なじみの鳥たちに遊んでもらっただけでした。
1枚目、2枚目:ズグロカモメ。
3枚目:タカブシギ第1回冬羽に換羽中。
4枚目:ツルシギ第1回冬羽に換羽中。


2013/11/22(金)

日の入りは4時43分だけど西に山々が連なるので4時30分前には太陽は山の向こうに沈んでしまう。
夕刻の短時間鳥見ではよほどの珍でない限り撮る気がおこらないし撮ってもろくな写真にならない。
写真を撮らない観察だけの鳥見もいいのだけど「今日の1枚」に上げる画像不足が深刻になります。

ごく最近の保存画像から

三重中部の海岸で毎年越冬しているキョウジョシギだがいつでも見れると言うわけでなく
決まった海岸に満潮時に時々休息にやってくる。今年も10羽ほど来てるよう。
1枚目:キョウジョシギ成鳥冬羽。
2枚目:キョウジョシギ第1回冬羽。
3枚目:シギチ探鳥の途中で遭遇する鳥も少しだけ撮りますが
ネット上に出すことがほとんどありません。そんなイソヒヨ。
4枚目:カワセミもそんな鳥の一つ。いつも撮りっ放しで倉庫暮らしです。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
Top「光昌のホーム」
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71