三重県中部をメインに撮影した野鳥・今日の一枚です。
画像クリックで拡大します。

**光昌のホーム**

2013/03/06(水)

今日の一枚にたまには刺激のある写真をアップしたいのですが
そのような鳥とは全く縁がない日が続いています。
しばらく我慢の日が続きそうです。
久しぶりにセイタカシギ5羽が池に戻ってきました。

1枚目:セイタカシギ成鳥♂
2枚目:タシギ成鳥
3枚目:ヒバリシギ第1回冬羽
4枚目:ミユビシギ第1回冬羽


2013/03/04(月)

ハマシギはたくさんいるけれど写真を最近撮ってなかったので
幼羽の摩耗が目立つ第1回冬羽と成鳥冬羽を選んで撮ってました。

画像
1枚目:ハマシギ。左が第1回冬羽、右が成鳥冬羽。
2枚目:ハマシギ第1回冬羽。
3枚目:ハマシギ成鳥冬羽。
4枚目:アメリカヒドリ成鳥。
このアメヒは頬の色が綺麗でない。成熟した成鳥でないのかもしれない。
若い成鳥あるいは単なる個体差なのだろうか。


2013/03/04(月)

スズガモが数千羽、河口に入っているが珍しいカモは混じっていない。
遠くのカモを見ていくのは疲れます。
池の方も変化なし、タシギとタゲリを撮って今日の鳥見を終えました。
画像
1枚目:タシギ第1回冬羽。
2枚目:タシギ成鳥冬羽。
3枚目:タゲリ夏羽に換羽中。
タゲリの多くはまだ冬羽。当個体が最も換羽が進んでいました。
4枚目:今日の河口のスズガモの一部。見えるかなー


2013/03/02(土)

近郊の海岸線をまわってみても鳥が探せません。絶不調です。
最後は池に寄っていつものシギたちにお世話になりました。

画像は池で越冬している
オオハシシギ、ヒバリシギ、タカブシギ、タシギです。
途中公園に寄り道してウソを撮ってました。


2013/03/01(金)

天気の良かった昼間に出れなくて雨がポツポツ当たりだした夕刻に
地元だけを巡回しましたがシャッターを押さず帰ってきました。
鳥の動きがありません。

最近の画像から
1枚目:ハイイロチュウヒ♀と思われる。
2枚目:顔なじみのタカブシギ。この子だけは愛想がいいです。


2013/02/28(木)

穏やかな素晴らしい鳥見日和でした。
貝がおいしくなる季節。干潮の時は潮干狩りの人で干潟も賑わってきました。
近郊を巡回してきましたが変化はありません。

画像
1枚目:ズグロカモメは名前通り頭黒になった個体が増えてきました。
潮が引きすぎ鳥が遠いの証拠画像を少しだけ撮りました。
2枚目:お馴染みのコガモ×アメリカコガモの雑種。
3枚目:顔なじみのヨシガモ×ヒドリガモの雑種。
4枚目:タゲリ成鳥冬羽。


2013/02/27(水)

今日の一枚をずいぶん休んだ気がします。
この2日間で撮った画像の整理も進んでいません。
シャッター押すのは好きですが画像を整理しだすと大したものもないのに
なんでこんなに撮ったのだろうといつも反省します。
幼鳥雌雄と♀成鳥の区別にまた悩みそうです。

画像はビロードキンクロです。
被写体が遠くて100m先から切り撮ってきました。


2013/02/23(土)

何も変わらない地元の鳥たちです。
海岸線をあきらめて河川に行ってイカルチドリを撮ってました。

1枚目の左は♀で右が♂だと思いますがつがいでないのかもしれません。
♀の方は幼鳥(第1回冬羽)のようですが、
♂の方は識別を考えるだけの写真が撮れませんでした。見た感じでは成鳥と思いました。
イカルチドリは警戒心も強くその上羽色が一様なので鮮明な画像を撮るのが難しいです。。
2枚目:左の♀第1回冬羽と思った個体です。
3枚目:ケリ成鳥冬羽。
4枚目:ダイゼン。幼羽の摩耗が進んできました。


2013/02/23(土)

今日の1枚が昨日の1枚になりました。また睡魔に負けました。

地元で見られるシギチは毎度同じ顔ぶれなので
今日はタカブ、明日はヒバリ、明後日はハマシギなどと
メインを決めて日替わりで撮っています。

画像
1枚目:ヒバリシギ第1回冬羽。
2枚目:タシギは毎年越冬していますが昨年まで撮ることがほとんどなかった。
今季に入って冬のタシギを撮影していますが成鳥冬羽か第1回冬羽かよく悩みます。
この子は成鳥冬羽と思い撮りました。


2013/02/21(木)

適度な距離でツクシガモ11羽を撮ることができたので
♂成鳥 ♀成鳥 幼鳥を仕分けしょうと思いましたが
簡単に出来そうもないので宿題にしておきます。
ツクシガモは一年中同じような綺麗な羽色をしていることに今頃気がつきました。
他のカモのように地味な羽色のエクリプスとよばれる羽衣はないですね。

1枚目の左側は体も大きく♂の成鳥と思う。
右の2羽は体が小さい。
手前は顔に白い部分が多く昨年生まれの幼鳥で後ろが成鳥♀だと考えました。
2枚目は1枚目右の2羽を拡大しました。

3枚目:ミコアイサ。飛翔時、肩羽の白色部と次列風切後縁の白色が広く目立ちました。オスの幼鳥。
4枚目:タシギ。第1回冬羽と思いました。

追記
ツクシガモは3羽とも昨年生まれの幼鳥だろうとご意見を頂きました。
1枚目の左の個体は幼鳥の♂。
右の2個体は幼鳥♀と言うことでした。

ご意見ありがとうございます。考える機会を頂き感謝します。
カモの識別に右往左往です。基本的なことが分かるのにまだ何年もかかりそうです。


2013/02/20(水)

池で越冬している顔なじみのシギの中で最も撮らしてくれないヒバリシギ。
最近は葦原の中から出てこない。今日は久しぶりに見えるところに出てくれたが
距離と強風で証拠画像が精一杯でした。

タカブシギは愛想がいいと言うか警戒心が全くない。近すぎて離れるのを待ちました。

最近は葦原の中にいることが多かったオオハシシギ。
昨日からまた撮れるところによく出てくるようになりました。

ヒドリガモ×ヨシガモの雑種。最近見なくなったと思ったら
池じゃなく海岸の方で浮かんでました。
赤褐色の胸、嘴の左右の白い部分で同じ個体と分かります。

1枚目:ヒバリシギ第1回冬羽。
2枚目:タカブシギ第1回冬羽。
3枚目:オオハシシギ成鳥冬羽。
4枚目:ヒドリガモ×ヨシガモの雑種(後ろの個体)。


2013/02/19(火)

地元は冬枯れの季節です。
1日海岸線を走っても撮りたい気持ちになるものがいない。
いや、見つけられないだけなんかも。
数千羽と言うカモを見るしカモメもいる。ハマシギも多い。
なんか混じっていてもいいような気がするのだがなにもない。

今日は探鳥最後にメダイチドリ4羽が出てくれたのが救いでした。
メダイは越冬しているのは分かっていても
見れるところに撮れるところに出てくれなかった。

画像は
メダイチドリ3個体。すべて第1回冬羽と思われる。
4枚目:久しぶりに撮れるところに出てくれたオオハシシギ成鳥。


2013/02/18(月)

雨で行くところは限られるので午前は地元のカモを。
午後から南に下ってカモメ観察。
どちらも数が多いのと遠いので一部しかチェックできません。
見れる範囲では特別なものはなかった。

画像はカモメを。ここのカモメは推定1000羽ほど。
オオセグロカモメ幼鳥、若鳥が多い。
地元では見ないウミネコも多かった。

1枚目はカモメ類が並ぶ突堤の一部。
2枚目:ウミネコ第1回冬羽。
3枚目:ウミネコ第2回冬羽。
4枚目:ウミネコ成鳥。


2013/02/17(日)

明日は終日雨予報。
予定が無くなったのでどこに行ったらいいのやら。
じっくり地元の普通種を観察するいい機会なのかも。

今日は短時間鳥見でした。何もなかったです。
セイタカシギとハマシギを見てました。

画像
1枚目:セイタカシギ成鳥♂。
2枚目:セイタカシギ成鳥♀。
3枚目:セイタカシギ第1回冬羽。♀と思われる。
4枚目:ハマシギ第1回冬羽。



2013/02/16(土)

見ておきたい鳥というのがありますね。
明日は池の掃除があり飛んでしまうだろうと言うことなので
今回は行動が早かったです。

アカハジロ♀幼鳥、アカハジロの成鳥雌雄は過去に見れていますが幼鳥は初めてでした。
この機会を逃しては2度と逢えないかもと思いプチ遠征でした。

帰路公園に寄ってみたらメジロガモも再会できました。
アカハジロとメジロガモ。今日は珍種カモの日になりました。

とりあえずアップする数枚だけ作りました。
3枚目までアカハジロで4枚目はメジロガモです。


2013/02/15(金)

今日は暗い天気に負けてシャッターを押す気にならなかった。
双眼鏡の観察だけで済ませました。
何も変わらない地元のフィールドでした。

画像は最近の在庫から普通種を。
1枚目:ケリ成鳥冬羽。
2枚目:イソシギ成鳥冬羽。
3枚目:ユリカモメ
4枚目:ミユビシギ。


2013/02/14(木)

河川に上流部に向かって走って行っても成果はありませんでした。
途中で出会った渓流のオシドリとクサシギだけでした。

1枚目:オシドリ♂成鳥。
2枚目:クサシギ成鳥冬羽。


2013/02/13(水)

最近、地元の海岸にミユビシギがいないので
少し北の海岸へミユビを見に行きました。

1か所にミユビとハマシギが1000羽ほど群れてました。
動く群れの中からミユビの第1回冬羽探し、
見つけたと思っても鳥が多すぎるので他の鳥に埋もれてしまう。
多すぎると言うこともいいことばかりではありません。
1枚目の画像を見てゴミの向こうにカモメが居ると思ってしまいました。
ゴミではなくミユビとハマシギです。こんな状態で続いているのですからカウントなんて無理です。
2枚目:ミユビの飛翔、ハマシギも混じっていると思います。
3枚目:ミユビシギ第1回冬羽。
4枚目:ミユビシギ第1回冬羽 別個体。



2013/02/12(火)

穏やかな鳥見日和でしたが雑用ができて、
曇ってきた夕刻の駆け足鳥見になりました。

今日は撮影はあきらめでした。
気持ちの良い、青空の下で探鳥と行きたいが明日は風が強くなるのだろうなー
タカブも空を気にしてました。


2013/02/11(月)

今日はシャッターを押さなかったので
昨日の保存画像からダイゼンを。

雲出川河口に3羽のダイゼンが越冬してましたが
3羽増え6羽になってました。

確認できた5羽は全て第1回冬羽でした。
当地で越冬するダイゼンは昨年生まれの若鳥が多く成鳥が少ない。

画像
1枚目から3枚目まで幼羽(雨覆、三列風切)の摩耗程度はいろいろです。

4枚目:再度この子を撮りました。ヨシガモ×ヒドリガモの雑種。
雑種の書き方が分かりません。
ヨシガモ×ヒドリガモと書くのか、ヒドリガモ×ヨシガモと書くのかです。
オス親の方を前に持ってくるのか。
両親の特徴を多く持った種を前に書くのか。
アイウエオ順なのか。
気にせず後先は自由でいいのかです。

名前一つ書くのも難しいです。そんなことも分からないのかと言われそう。






現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
Top「光昌のホーム」
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71