三重県中部をメインに撮影した野鳥・今日の一枚です。
画像クリックで拡大します。

**光昌のホーム**

2018/10/13(土)


普通種で過ごした日でした。幼鳥だ、冬羽だ、換羽中だと見分けながらダイゼンやハマシギを撮っていると
気持ちが乗って夢中になってくる。この2種だけで今日は700回シャッターを押してしまいました。
撮り過ぎはダメです。整理が追いつきません。

オオハシシギが入っていると連絡を頂いたので鳥見の最後に寄りました。
毎年。越冬にやってくるオオハシシギ、今年も来てくれました。2羽とも幼鳥でした。


2018/10/11(木)


10羽程のムナグロの群れでしたが、成鳥が1羽で9羽が幼鳥でした。
1枚目が成鳥冬羽で2-4枚目が幼鳥。


2018/10/09(火)


今日はいろいろな野の草花にとまるノビタキに遊んでもらいました。


2018/10/08(月)


オオアジサシもいない。シギチもダイゼンとシロチ、ダイシャクだけ、
そんな閑散な干潟にミヤコドリだけは順調です。正確なカウントは出来なかったですが90羽から100程いたよう、
シギチ大不作でもミヤコドリだけは日に日に増えてきます。


2018/10/07(日)


夕刻の2時間ほど河口で話しながら眺めていても何もありません。昼間はオオアジサシで賑わったそうな。
海の鳥見は潮時が大事です。それは分かっていても野鳥観察に絶対はないからなにか飛んでこないかと・・・
だが空振りはいつものことです。

先日掲載したハマシギ第1回夏羽を見ていて、サルハマシギ第1回夏羽が脳裏に浮かんできました。
隣県で偶然遭遇した記憶に残るサルハマシギ。第1回夏羽として問題ない羽衣でした。。
サルハマシギ第1回夏羽は成鳥夏羽のような羽衣にならないとすれば
ハマシギ第1回夏羽も成鳥夏羽のような羽衣にならないと考えられます。
種が違うのでサルハマシギ第1回夏羽の換羽をハマシギに当てはめるのはどうかとも思いますが
第1回夏羽が不完全で冬羽のような換羽で終わるシギチは結構います。

写真は2013年5月21日 古いサルハマシギ第1回夏羽です。


2018/10/06(土)


今日は河口のアジサシに期待しましたが、
河口はカイトサーフィンの群れ、彼らの祭りだったのか、凄い数だった。
その祭りのあおりをくって鳥たちがいない。カイトは野鳥人にとってほんに迷惑です。

カイトの群れから離れたところでオオミズナギドリを狙いました。
撮った写真の殆どはゴミ箱でしたが、1枚だけ満足なのがありました。
今日の海辺はオオミズナギドリに救われました。


2018/10/04(木)


雨が止んだ午後2時間ほど近郊の定点だけを見てきましたが特に何もありません。
トウネンを7羽、ミヤコドリが65程、ダイシャク1羽だけでした。

上げるものがないので、この1週間ほど見直していたシギチのページ。見直していたのはハマシギです。
ハマシギの第1回夏羽は図鑑でもネットでも写真は見つけられません。

ハマシギ夏羽は雨覆に冬羽が多く残り、激しく擦れている個体が多いので
激しく擦れているだけで第1回夏羽とすることもできません。

ハマシギの第1回夏羽は成鳥夏羽のように上面の橙斑も黒斑も下面の黒斑も出ないのではと考えています。
第1回夏羽は不完全で成鳥夏羽のような羽衣にならない。冬羽のような羽衣で終わるのではと・・・

図鑑の裏付けがないハマシギの第1回夏羽、私はそう思うというだけで確証はありません。
掲載写真は2012年5月25日と2015年5月23日の古い画像です。

雨降るお暇なときにでもシギチのページ、ハマシギを見てください。
ハマシギ第1回夏羽、ご意見を頂ければ幸いです。








2018/10/03(水)


ヨーロッパトウネン成鳥がまだ残っていた。台風23号、24号を乗り越えて久しぶりに姿を現しました。
成鳥が2羽も渡来するとは思えないので同じ個体と勝手に思っていますがどうなのか。個体識別は出来ていません。
写真は昨日のですが今日も姿を見ました。


2018/10/02(火)


台風が連れてきたアジサシです。今日はいませんでした。
昨日の写真から。
1枚目:ハシブトアジサシ成鳥冬羽と幼鳥(第1回冬羽)。
2枚目:成鳥冬羽。1枚目左の個体。
3枚目:幼鳥→第1回冬羽。1枚目右の個体。
4枚目:クロハラアジサシ。


2018/10/01(月)


シャッターを押しすぎて整理する気が起こらない。押しすぎはダメです。
整理はまたの日にしてとりあえずアップするだけのオオアジサシを。

4枚目の足色、これまで気が付かなかっただけで足色に変異があるのだろうかと思いましたが
足に何か付着しているように見えます。


2018/09/28(金)


台風24号の直接の影響で暴風雨になるのは日曜日ですが
明日の探鳥会も台風の影響から逃れることは出来ないようです。
三重の天気予報は雨の確率90%です。弱雨ともなっています。
明日にならないと決行できるのかどうか分からないので朝の様子で決めたいと思います。
雨で中止になる場合でも私は集合場所の駐車場にいます。
探鳥会が出来ない場合はコーヒーでも飲みながら野鳥の話で過ごしたいと思います。
なお、香良洲橋はまだ工事中で通行止めになっているので迂回する必要があります。
集合場所及び問い合わせの電話番号は日本野鳥会三重のHPを見てください。




2018/09/27(木)


土曜日は香良洲海岸の探鳥会です。天気がとても気になります。台風の影響で雨になりそうです。
中止かどうかは明日、天気予報を見てからにします。


海岸にツツドリ。想定外の出来事でした。海岸のツツドリに皆さんは出会ったことがあるでしょうか。


2018/09/25(火)


1枚目:ミヤコドリが30羽になってました。これからどんどん増えてくるのでしょう。
2枚目:そのミヤコドリの群れ中に数羽の幼鳥が混じってました。
3枚目:オオソリハシシギ幼鳥。
4枚目:キョウジョシギ幼鳥ですが気になるのは口元に刺さったもの、撮ってやりたいがどうしょうももありません。


2018/09/24(月)


1枚目のダイシャクシギを成鳥として上げたら異論が出そう。嘴が成鳥にしては短いじゃないかと。
1枚目と2枚目は同一個体ですが、嘴が短いのはオスであるからか。冬羽に換羽中の♂成鳥と判断したい。
ミヤコドリも数日前から成鳥が入ってきています。2枚目のミヤコドリは成鳥です。今日も4羽成鳥がいました。
3枚目はハマシギ、第1回冬羽に換羽中。


2018/09/23(日)


1枚目はオオメダイかなと思って撮ったらシロチドリでした。上面が一様な灰褐色で成鳥冬羽でいいのだと思う。
2枚目のシロチドリは背に灰色の羽が見えるので第1回冬羽に換羽中でいいのだと思う。
シロチドリの年齢識別は難しくいつも考えさせられます。


2018/09/22(土)


9月2日に撮ったヨーロッパトウネン成鳥が20日後の今日、姿を現しました。
20日間、日が経っているので同じ個体かどうかは確証は持てませんが
とまりものの外見からは冬羽に完全換羽した同じ個体ではないかと思いました。
別個体であれば秋の渡りで飛来するのは今季2個体目の成鳥になりますが・・・

完全換羽した冬羽と書きましたがそれはとまりものの外見から。羽を伸ばした4枚目を見ると
初列外側に伸長中の羽と旧羽が残っています。まだ、冬羽に完全換羽したとはいえないです。


2018/09/19(水)


コガモの群れが入り、群れの中にシマアジが5羽いたようだ。遠距離撮影で紛らわしい写真になりました。
この時期のシマアジの雌雄・年齢は慎重を期さなければいけないので再撮影が必要です。
識別点をしっかり撮らなくては・・・



2018/09/18(火)


近郊の海辺に姿を見せてから25日間、
太陽が沈む夕刻の海辺に時々姿を見せたり、早朝に姿を見せたり、居場所を変えたり
抜けたと見せかけては数日後に現れる。
そんな手ごわいカラフトアオアシシギもここ数日は河口に出ずっぱりだった。
近距離で撮れるカラフトアオアシシギということで満足して帰った人も多かったが、
今日は予想に反して姿を見せなかった。
抜けたのかどうかは数日見ないと何とも言えませんが、
遠くからカラフトアオアシシギ目当てに来られる人はリスクがとても大きくなったように思われます。

1枚目はオバシギです。右から2番目と3番目が成鳥で他は幼鳥。
2枚目:上の2羽はキョウジョシギとオバシギ、下はコオバシギ。
3枚目:メダイチドリ幼鳥。
4枚目:メダイチドリ成鳥、冬羽に換羽中。



2018/09/17(月)


今日、シャッター押す指に最も力が入ったのはオバシギ成鳥でした。
冬羽と言えるほど換羽が進んでいるものはこれまで1度しか撮れていません。
掲載した個体はまだ少し夏羽が残っていますが冬羽に完全換羽するのが楽しみです。
9月の鳥見を楽しくさせてくれます。
4枚目はカラフトの舌は赤かったというところでしょうか。



2018/09/16(日)


図鑑風の写真はどれだけ第一回冬羽への換羽が進んでいるか、それに関心がありますが
芸ある写真も撮っておきたい。そんなカラフトアオアシシギです。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
Top「光昌のホーム」
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71