三重県中部をメインに撮影した野鳥・今日の一枚です。
画像クリックで拡大します。

**光昌のホーム**

2019/10/15(火)


オオアジサシが今季1番の数でした。午前に通った時、沖に群れ飛ぶ姿はありましたが、珍しくテトラ上に4羽とまってました。
午前は撮影条件が悪いので夕刻前に寄ってみるとオオアジサシが100程、ミヤコドリも100以上は居ました。
シギチは少なかったけれど、オオアジサシとミヤコドリ、カモメ類で賑やかな河口でした。

今年は1日の数時間をトンボに割いているので野外に出ても一日が直ぐに過ぎていきます。
3枚目はコノシメトンボの連結、連結産卵中でした。
4枚目はミルンヤンマです。
ミルンヤンマはしっかり撮りたかったけれど設定がずれているのに気が付かず撮影ミスをしてしまいました。
撮り直しが難しいトンボなのになぜ撮影途中で設定を確認しなかったのか、撮った画像の99%ゴミ箱行きでした。


2019/10/13(日)


今夜はワールドカップが最高!、凄い!


2019/10/10(木)


1枚目:アカアシシギ(左)とツルシギ(右)
同じ向きで、同じ姿勢で並んでくれるのを待ちましたが、ダメでした。
今日はトンボの方が良かった。
2枚目:コノシメトンボ成熟♂に会えたのは今秋2回目でした。
3枚目:リスアカネ成熟♂。どちらかと言えば♀を探したかったのですが・・・今秋、出会いの殆どが♂です。
4枚目:ヒメアカネ成熟♀。やっと♀を真横から撮れました。産卵管の長さがよく分かり、これは満足できます。


2019/10/08(火)


台風の進路が気になります。週末のラグビーワールドカップも気になります。
ソリハシシギ幼鳥とアオアシシギ幼鳥を。
今日の一枚に載せることも少ないですが普通種も近距離であればしっかり撮っています。


2019/10/07(月)


探鳥最後に待っていてくれたのはツルシギでした。珍しいシギではないけれど会えると
嬉しいシギでもあります。


2019/10/05(土)


河口の鳥たちは遠く風景写真になってしまいました。
1枚目:遠くに残った干潟で遊ぶミヤコドリ
2枚目:オオソリハシシギの群れ。1羽オバシギが混じっています。
3枚目:午前は林道で親子連れのシカやイノシシが楽しませてくれたというより通行の邪魔をしてくれました。
4枚目は道中で遭遇したサシバです。


2019/10/04(金)


毎朝5時半に起きます。眠気を払拭するために家の周囲を一周します。と言っても短い距離ですが。
そして、一仕事終わってからもう一回り。今日は思わぬ赤とんぼが来ていました。
少数のナツアカネとアキアカネ、それにコノシメトンボの♂♀が数頭。
かつてマイコアカネが来たことはありますがコノシメは初めてでした。
コノシメの真っ赤な♂成熟を撮りなおしたいと探し続けていたのですが、
よもや我が家に現れるとは思わなかった。狙うトンボは身近にいた。
朝、現れて昼間はおらず、気温が下がった夕方にまた戻ってくるかと鳥見にも行かず待ちましたが空振りです。
1枚目:コノシメトンボ成熟♂。
2枚目:ナツアカネ成熟♂。


2019/10/03(木)


行きは満潮で帰りにと思い河口の鳥たちをスルーしましたが、午後戻ってきたときにはカイトが飛び交ってました。
今日は上げる鳥がありません。

トンボも満足な写真にならなかった。
1-2枚目:ネキトンボの連結産卵、単独産卵を狙いましたが曇り空でSS不足です。
3枚目:ヒメアカネ成熟♀でいいでしょうか。顔面の白味が強いのと羽胸前面の逆八の字の黄斑。
今季成熟♂は撮れていても成熟♀は初めてでした。


2019/10/02(水)


今日は近場の定点観察だけでした。最近出会いがなかったエリマキシギ幼鳥。
エリマキがいました。エリマキがいたよと言う話はよく聞こえてくるのですが
いつも私が池に行くときには居ません。嫌われていたエリマキも今日は待っていてくれました。

オバシギが随分増えているようなのでカウントして見ました。44羽居ました。オオソリハシも23羽。
オバシギ、オオソリハシだけは順調に渡ってきています。


2019/10/01(火)


昨日の鳥から。
1枚目:オバシギの群れ、オオソリとコオバシギが混じっています。
2枚目:オグロシギ幼鳥。
3枚目:コオバシギ幼鳥。肩羽に少し冬羽が出ています。
4枚目:オバシギ幼鳥も冬羽が少し出ています。

今日はカイトのせいか、昨日より鳥が少なかったような。
それにしても今秋のトウネンやメダイチドリ、シロチドリなど小型シギの少なさに驚きです。


2019/09/30(月)


ハシブトアジサシ、昨年も今頃だった。秋のこの時期に少しだけ立ち寄ってくれます。
とまりものは遠くて満足できる写真にならなかったが、飛び物は思っていた以上に撮れてました。
30分ほどの滞在で見失いましたが、明日は現れるのかどうか。
上面に矢じり型の褐色斑が残っていたことから第1回冬羽と識別できます。

3枚目のコオバシギ成鳥。夏羽後期の個体です。春の夏羽は綺麗ですが、
渡来が少ない今の時期のコオバシギの方が「ヤッター」て気分になります。

4枚目は普通種のムナグロですが、干潟で遭遇するといつも新鮮な気分になります。
数羽の小群でしたが全て幼鳥だったことも新鮮な気分にさせてくれたのでしょう。


2019/09/29(日)


夕刻の定点だけの観察でした。ハングライダーと釣り人で鳥たちは姿を消してました。

池の石積にはアオアシシギ幼鳥(左の2羽)と成鳥(左から3羽目)、コアオアシシギ成鳥(右の1羽)。

海側のテトラポットにオオソリハシシギ(幼鳥)の群れ、キアシシギ幼鳥とダイゼン幼鳥が混じっています。


2019/09/28(土)


探鳥会、ご参加くださった皆様 ありがとうございました。

距離的に遠かった鳥たちが多かったですが、
ミヤコドリが30-40.オバシギが20-30、オオソリハシが10-20羽、他に数種のシギが混じり
天候がイマイチで、カイトが飛んでいる条件下では満足すべきでしょう。
写真は探鳥会が始まる前に300mのレンズで撮ったミヤコドリとエゾビタキです。


2019/09/27(金)


明日29日(土)の香良洲海岸探鳥会の案内です。
香良洲橋は工事中のため通行止めです。ご注意ください。

開催場所:津市香良洲町 香良洲海岸
集合:13:00 香良洲公園駐車場
解散:15:00 

≪公共交通≫三交バス津駅前から香良洲公園行 終点
自家用車 香良洲公園駐車場(香良洲橋は通行止め)


2019/09/26(木)


土曜日の天気が気になります。探鳥会の日だけは雨が降ってほしくありません。
香良洲海岸の探鳥会、土曜日のPM1時からです。ご参加くださいませ。
1枚目:オバシギ成鳥 ほぼ冬羽
2枚目:コアオアシシギ成鳥冬羽
3枚目:エリマキシギ幼鳥
4枚目:オバシギ他 数種の混群。


2019/09/25(水)


砂浜に1時間ほど座り込んでいるとオオソリの群れに
オバシギ、コオバシギ、チュウシャク、トウネン、キョウジョシギミユビシギが。
数はみんな合わせて30程だけど近距離で大型シギが多いと実際の数より随分多く感じてしまいます。
成鳥は1羽もいなかった。全て幼鳥でした。
3枚目のミユビシギも8羽の幼鳥の群れでした。
4枚目のチュウシャクシギも幼鳥です。


2019/09/24(火)


オオアジサシの群れに混じってミヤコドリが22羽、9月下旬になるとミヤコドリが渡来してくる。
まもなくハマシギ群も到着するのでしょう。
秋の渡りが実感できなかったので冬鳥として渡来するミヤコドリとハマシギに期待したいです。
それにしてもトウネンの少なさは、どうなっているのでしょう。数年前なら100や150の幼鳥群が見られてたのに
昨年から渡来数が異常に減少し、10羽以上のトウネンの群れを見ることも稀にしかありません。
オオアジサシもミヤコドリもスコープの世界で撮影は諦めましたが、オオソリハシが10余り、オバシギ20数羽も居ました。

画像は昨日の撮影から池の風景です。
1-2枚目:セイタカシギ、ツルシギ、アオアシシギ。
3-4枚目は砂浜海岸から
コオバシギ幼鳥とフグのように膨らんだトウネン幼鳥。



2019/09/23(月)


夕刻の干潟にオオアジサシが20羽程、近くを飛んでくれることはなかった。
沖に停泊している船が明かりをつける時間帯になってもオオアジサシは移動もせず居残ってました。
砂浜に座り込んで見ているとコオバシギやダイゼン、トウネン、メダイチドリが数辰里箸海蹐泙廼甦鵑辰討る。
近すぎて写真は撮れない距離でしたが眺めているには最高でした。


2019/09/21(土)


1枚目:アオアシの陰でくつろいでいたコアオ。
カメラを向けるなり飛んで行きました。愛想のない子でした。
3枚目:アカアシシギ幼鳥。
4枚目:ナツアカネ成熟♂
アキアカネを平地で見ることはまだ殆どありませんが
ナツアカネは数は少なくても見られるようになりました。


2019/09/19(木)


今日はトンボに4時間、鳥に6時間、トンボの方が成果が大きかった。
ヒメアカネやコノシメ、ネキトンボなどを撮れたこともありましたがマイコアカネの連結がやっと撮れたからです。
連結は♂と♀のお化粧の違いがよくわかります。

2枚目:先日から滞在しているエリマキシギ♂幼鳥。やっと近距離で撮れました。前にいる2羽はアカアシです。
3枚目:探鳥に出るたび冬羽への換羽がどれほど進んだのか気になるオバシギ。現れてくれました。
4枚目:これからの干潟を賑わしてくれるハマシギの大群。先陣が到着しだしたようです。



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
Top「光昌のホーム」
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71