三重県中部をメインに撮影した野鳥・今日の一枚です。
画像クリックで拡大します。

**光昌のホーム**

2020/03/02(月)


ハチジョウツグミは久しぶりでした。松阪の公園で数年前に捕って以来のような気がする。
だが、これは県外、しかも自分が見つけたものでもない。

今日は歩き疲れました。疲れを回復するために近江牛を腹いっぱい食べてきました。
ビールと近江牛の焼肉、少しの贅沢で疲れが取れた気がします。


2020/03/01(日)


日本野鳥の会三重のHPに「3月の探鳥会は全て中止とします」とのお知らせがあります。
https://miebird.org/index.php/ja/
新型コロナウイルスが私たちの生活にも大きな影響を及ぼしてきました。
鳥見においても感染予防行動が大切になりますね。

タゲリも夏羽への換羽が始まっています。♂成鳥夏羽に換羽中。


2020/02/29(土)


遠くからこちらを見ていた子。誰だろうと思ったが横を向いたらアリスイだった。
久しぶりのような気がする。1年いや2年ぶりかな。
4枚目はオオジュリン。


2020/02/27(木)


風が強くて今日は探鳥もそこそこに引き上げました。

ミヤコドリの捕った貝を横取りするカモメ。そんな光景があちこちで楽しませてくれました。

1-3枚目は成鳥で4枚目は第1回冬羽です。


2020/02/25(火)


ネットへの接続が遅くなったので無線LAN ルーター を買い換えたら接続が早く快適になりました
パソコンはサクサク動かないとストレスが溜まります。

1枚目:クロガモ♀。
2枚目:1枚目と同じ個体。腹部の黒褐色の強さが成鳥であることを証明しているでしょうか。
3枚目:クロガモ♂
4枚目:オオハシシギ成鳥冬羽


2020/02/24(月)


アカエリカイツブリも頸に赤みが出てきました。夏羽への換羽が始まっているよう。
今日はよくベラを捕ってました。
ズグロカモメも頭部の黒味が目立ってきてズグロらしくなってきました。


2020/02/22(土)



今日は海岸線を北へ上り、カナダカモメでも探そうと。だが、現地に着くなり雨が。
ホオジロガモだけ撮って探鳥を終えました。

1枚目:ホオジロガモ♀ 雄化個体
2枚目ホオジロガモ雌雄


2020/02/20(木)


オナガガモ×ヒドリガモの♀ 雄化個体。昨年12月26日に見てから約2ヶ月ぶりでした。
ヒドリガモを見るといつも意識しているのですが探せなかった。行動範囲が広いのでしょう。
4枚目:イカルチドリ。第1回冬羽♀と思いますが・・・・・


2020/02/18(火)


今日は野鳥の会三重のミヤコドリの一斉調査日でした。シギチの減少傾向が続いていますが
ミヤコドリは増しています。今季の渡来数は過去最高になっています。

1枚目:クサシギ第1回冬羽。
2枚目:クロガモ成鳥雌雄。
3枚目:ホオアカ。


2020/02/17(月)


au payの「誰でも!毎週10億円もらえるキャンペーン」に便乗して
探鳥途中、ケーズデンキとドラッグストアに寄り道して
写真用紙やインク、マウスなど必要な用品の買い物をしました。
数日中に買わなければならないものを2割安いとなれば逃すてはないかと。
支払いをau payで払うだけで普段なら25000円いる買い物が20000円になる。
寄り道しただけで5000円儲けました。

今日はオオハシシギ冬羽とオオタカ成鳥だけでした。


2020/02/16(日)


雨の一日になりそうです。今日は探鳥はしないし画像の整理日です。
昨日も最後はハイチュウ地帯へ。
週に2-3回 午後の2-3時間挑戦しますが、なかなか満足な写真が撮れません。
写真にシャープさが足りない眠い写真を量産しています。
昨日の写真から飛びものととまりものを。

飛び物の満足度は高いですがもう少しシャープに撮れていたら心からバンザイ出来たのに。
3-4枚目は普通なら諦める距離のとまりもの。設定を変えながら証拠画像が撮れないかと
100回以上シャッターを押しましたが、ハイチュウ♂と十分に分かる写真が2-3枚ありました。。
諦めずにいろいろ挑戦してみるのも勉強だと思いました。


2020/02/15(土)


雲出川河口周辺でベニマシコは見た記憶がありません。
そんなベニマシコの小群がセイタカアワダチソウの枯れた種を食べていました。
珍しい鳥ではないですが、今年初めての赤い鳥との遭遇でした。


2020/02/13(木)


シャッターを一度も押すことなく終わってしまう。
最後の頼りはいつものハイチュウ地帯。
しかしチュウヒは遠く、ワンチャンスのハイチュウは早さについていけなかった。
1枚目チュウヒ。2枚目ハイチュウ。


2020/02/12(水)


1枚目:カワウに占領された雲出川河口の風景です。
ツクシガモ7羽が見えるでしょうか。

2-3枚目:遠くではしゃぐツクシガモです。
1週間ほどコクガンを見ていないので旅立ってしまったのかも知れない。
近づく春に冬鳥たちもぼつぼつ動き出します。


2020/02/11(火)


昨日と今日は地元を離れての探鳥でした。

1年ぶりのナベコウでした。第3回冬羽かと思います。この鳥との出会いは凄く難しく
とても運があったのだと思います。坊主覚悟で出かけ何もない時間帯が続き、やっぱし無理かとの思いがよぎりました
場所を移動中に空高く1羽の鳥が、その姿からナベコウではないか。
1昨年、数度見ているおかげで分かりましたが、後ろ追いを少し撮っただけで山の後ろへ、
探鳥は再度振り出しに。最初に見た場所から5舛曚瀕イ譴燭箸海蹐波瑤鵑任い觧僂鯣見。
撮れる距離に来たので空抜けでも大満足でした。しかしこれも又、山かげに入り見失いました。
この日のナベコウはまるでグンカンドリが海岸線をパトロールするように。内陸部の田園地帯を通過し山あいに入っていく。
これ迄に出会った時の行動パターンとはまるで違う。
しかし、諦めなかった。最後に5舛曚瀕イ譴薪脹爐帽澆蠅織淵戰灰Δ鯣見しました。
数日前に飛んでいたという、頂いた情報だけが頼りでした。
それより前に数10キロ離れたところでナベコウを見ている人がいるとか。
広範囲に移動するこの鳥とは坊主覚悟しかできない。1年ぶりに訪れたこの地域で幸運が待っていてくれました。
今日は見つかっていない。





2020/02/08(土)


キャッチライトが入らない写真ばかりでした。生き生きした写真になりません。
今日の天気では仕方がないかと天気のせいにします。

1枚目:アカエリカイツブリ 遠くはなかったのですがキャッチライトが・・
2-3枚目:ハイチュウも満足な写真はなかったです。
4枚目:オオハシシギはキャッチライトは入ったが夕日の影響を受けてしまいました。


2020/02/06(木)


今冬一番の寒さでした。強風が冷たくて。

1-2枚目:メダイチドリ第1回冬羽。
3枚目:ヒメウ 成鳥2羽と幼鳥1羽がテトラ上に並んでいたが、間隔も悪く、愛想もしてくれない。
4枚目:最後はハイチュウでしたが、ピーカンで影にやられました。ゴミ箱行き量産でした。
ここのハイチュウは撮影のハードルが高いです。だから何度も挑戦する気になるのかも。


2020/02/05(水)


今日は鳥見をしなかった、冬用のタイヤにやっと交換しました。
凍結の心配があるようなところに行く予定もなくノーマルタイヤで走っていましたが・・・

先日、どのような撮影機器で撮っているのかと問い合わせがあったのでここで返事させて頂きます。
カメラやレンズは年々進歩していきます。撮影機器の人気もそうです。
ある時はニコンに、ソニーに、野鳥マンの好みは変わっていきます。
私はキャノンしか使ったことがありません。なのでキャノン以外のメーカーの良し悪しは分かりません。
いい写真が撮れなかったときは道具ではなく、撮影技術が未熟だからと割り切っています。
また、どのような写真を撮りたいのかと言うこともあります。
私はキャノンを好み、キャノン以外にあまり興味を持っていません。
人の意見に左右されることなく、キャノンで満足していればそれで充分なのです。
ソニーのカメラで撮った素晴らしい野鳥写真を見ても、
それは道具以外のその人の熱意と技術が大きいのではないでしょうか。

野鳥用に持っているレンズは300 F2.8、500mm F4.0, 800 mm F5.6,と70-200mm F2.8です。
行く場所によって持っていくレンズを選びますが
海辺の水鳥をメインにする私は800mm と手持撮影に70-200mm を愛用しています。
カメラはEOS 7D Mark兇靴使っていません。小型のシギチを探す時
少しでも大きく見えれば双眼鏡の代わりになるからです。



2020/02/04(火)


昨日と同じ探鳥コースを。今日も海岸線を東へ東へと。
1枚目:タゲリ70程の群れ飛ぶ姿を絵になるようにと、昨日も今日も狙ったが思うようには撮れません。
2枚目は1ヵ月ぶりだったアメリカヒドリ。意識して探す日は見つからず、何気なくヒドリの群れをのぞいたら
真っ先に双眼鏡に飛び込んできた。
3-4枚目:最後はハイチュウ♀ 幼鳥だと思います。
今日は800个任了1討任靴拭♂は遠く、早くで全く写真にならなかった。



2020/02/03(月)


遠くに浮かんでいたツクシガモ5羽を見て、海岸線を探鳥しながら東へ東へと
今季はかつてないほど冬鳥が少ないです。
近距離で撮ったのは警戒心が強いアカエリカイツブリだけ。

今冬の伊勢湾(西岸)では釣り人の盛り上がりの方が鳥より凄い。
親戚の坊が1m以上のサワラを。70僂離屮蠅鯀ツ爐蠅任呂覆突堤から釣るのだから凄い!
これまでにない暖冬の冬が鳥にも魚にも影響を及ぼしているのでしょう。
全ての鳥が例年より少ないですが例外も
過去になかった伊勢湾内のクロガモの数、ビロキンの数、コオリガモ成鳥までが現れたり、
チシマシギまで現れたりする。チシマシギは昨秋だったか初冬だったかの話ですが、
地道な探鳥を続けられているバーダーが撮影・観察されています。
追認された方はいませんが写真を見た限りチシマシギで問題ないでしょう。

今日の最後は猛禽で締めくくりました。ワンチャンスを何とか仕留めました。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
Top「光昌のホーム」
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71