三重県中部をメインに撮影した野鳥・今日の一枚です。
画像クリックで拡大します。

**光昌のホーム**

2019/09/30(月)


ハシブトアジサシ、昨年も今頃だった。秋のこの時期に少しだけ立ち寄ってくれます。
とまりものは遠くて満足できる写真にならなかったが、飛び物は思っていた以上に撮れてました。
30分ほどの滞在で見失いましたが、明日は現れるのかどうか。
上面に矢じり型の褐色斑が残っていたことから第1回冬羽と識別できます。

3枚目のコオバシギ成鳥。夏羽後期の個体です。春の夏羽は綺麗ですが、
渡来が少ない今の時期のコオバシギの方が「ヤッター」て気分になります。

4枚目は普通種のムナグロですが、干潟で遭遇するといつも新鮮な気分になります。
数羽の小群でしたが全て幼鳥だったことも新鮮な気分にさせてくれたのでしょう。


2019/09/29(日)


夕刻の定点だけの観察でした。ハングライダーと釣り人で鳥たちは姿を消してました。

池の石積にはアオアシシギ幼鳥(左の2羽)と成鳥(左から3羽目)、コアオアシシギ成鳥(右の1羽)。

海側のテトラポットにオオソリハシシギ(幼鳥)の群れ、キアシシギ幼鳥とダイゼン幼鳥が混じっています。


2019/09/28(土)


探鳥会、ご参加くださった皆様 ありがとうございました。

距離的に遠かった鳥たちが多かったですが、
ミヤコドリが30-40.オバシギが20-30、オオソリハシが10-20羽、他に数種のシギが混じり
天候がイマイチで、カイトが飛んでいる条件下では満足すべきでしょう。
写真は探鳥会が始まる前に300mのレンズで撮ったミヤコドリとエゾビタキです。


2019/09/27(金)


明日29日(土)の香良洲海岸探鳥会の案内です。
香良洲橋は工事中のため通行止めです。ご注意ください。

開催場所:津市香良洲町 香良洲海岸
集合:13:00 香良洲公園駐車場
解散:15:00 

≪公共交通≫三交バス津駅前から香良洲公園行 終点
自家用車 香良洲公園駐車場(香良洲橋は通行止め)


2019/09/26(木)


土曜日の天気が気になります。探鳥会の日だけは雨が降ってほしくありません。
香良洲海岸の探鳥会、土曜日のPM1時からです。ご参加くださいませ。
1枚目:オバシギ成鳥 ほぼ冬羽
2枚目:コアオアシシギ成鳥冬羽
3枚目:エリマキシギ幼鳥
4枚目:オバシギ他 数種の混群。


2019/09/25(水)


砂浜に1時間ほど座り込んでいるとオオソリの群れに
オバシギ、コオバシギ、チュウシャク、トウネン、キョウジョシギミユビシギが。
数はみんな合わせて30程だけど近距離で大型シギが多いと実際の数より随分多く感じてしまいます。
成鳥は1羽もいなかった。全て幼鳥でした。
3枚目のミユビシギも8羽の幼鳥の群れでした。
4枚目のチュウシャクシギも幼鳥です。


2019/09/24(火)


オオアジサシの群れに混じってミヤコドリが22羽、9月下旬になるとミヤコドリが渡来してくる。
まもなくハマシギ群も到着するのでしょう。
秋の渡りが実感できなかったので冬鳥として渡来するミヤコドリとハマシギに期待したいです。
それにしてもトウネンの少なさは、どうなっているのでしょう。数年前なら100や150の幼鳥群が見られてたのに
昨年から渡来数が異常に減少し、10羽以上のトウネンの群れを見ることも稀にしかありません。
オオアジサシもミヤコドリもスコープの世界で撮影は諦めましたが、オオソリハシが10余り、オバシギ20数羽も居ました。

画像は昨日の撮影から池の風景です。
1-2枚目:セイタカシギ、ツルシギ、アオアシシギ。
3-4枚目は砂浜海岸から
コオバシギ幼鳥とフグのように膨らんだトウネン幼鳥。



2019/09/23(月)


夕刻の干潟にオオアジサシが20羽程、近くを飛んでくれることはなかった。
沖に停泊している船が明かりをつける時間帯になってもオオアジサシは移動もせず居残ってました。
砂浜に座り込んで見ているとコオバシギやダイゼン、トウネン、メダイチドリが数辰里箸海蹐泙廼甦鵑辰討る。
近すぎて写真は撮れない距離でしたが眺めているには最高でした。


2019/09/21(土)


1枚目:アオアシの陰でくつろいでいたコアオ。
カメラを向けるなり飛んで行きました。愛想のない子でした。
3枚目:アカアシシギ幼鳥。
4枚目:ナツアカネ成熟♂
アキアカネを平地で見ることはまだ殆どありませんが
ナツアカネは数は少なくても見られるようになりました。


2019/09/19(木)


今日はトンボに4時間、鳥に6時間、トンボの方が成果が大きかった。
ヒメアカネやコノシメ、ネキトンボなどを撮れたこともありましたがマイコアカネの連結がやっと撮れたからです。
連結は♂と♀のお化粧の違いがよくわかります。

2枚目:先日から滞在しているエリマキシギ♂幼鳥。やっと近距離で撮れました。前にいる2羽はアカアシです。
3枚目:探鳥に出るたび冬羽への換羽がどれほど進んだのか気になるオバシギ。現れてくれました。
4枚目:これからの干潟を賑わしてくれるハマシギの大群。先陣が到着しだしたようです。



2019/09/19(木)


シマアジは12日以来でした。1週間どこにいたのか。コガモに混じって4羽が再び現れました。
シマアジを見ていたら葦原の中で動くヒクイナを発見。近年はヒクイナやクイナを見る機会が激減しているので
久しぶりに見るとほっとします。
4枚目:昨日の夕刻は広い干潟にシギチはオオソリハシシギが2羽だけでした。
その前日はトウネンが30程いたのですがすっかり消えてました。


2019/09/16(月)


大潮で天気は良いし、北西風が強い。これ以上ないアジサシの条件がそろっていた。
アジサシ類が200-300いただろうか、お隣の鳥友は300-500かと言っていた。それほど今日は数が多かった。
今季、初めてオオアジサシも30数羽が姿を見せ。
アジサシ、コアジサシ、オオアジサシの成鳥と幼鳥-第1回冬羽。ハジロクロハラアジサシ(冬羽に換羽中)も。
1-2枚目:オオアジサシ。
3枚目:アジサシ幼鳥→第一回冬羽
4枚目:ハジロクロハラアジサシ成鳥冬羽に換羽中



2019/09/14(土)


カイトが飛ぶ河口にアジサシが、カウントする気になれない程の数、、150-200程いたのかも。
遠いから止まりものの写真は没ばかりですが飛びものはなんとか一部が写せました。
アジサシの他に類似種がいたのか、詳細は不明ですが、小さく見えた子や羽色が薄く見えたものも。
3枚目:ヨーロッパトウネン成鳥冬羽。遭遇すると嬉しくなる子。
4枚目:夏場はウチワヤンマやタイワンウチワヤンマ、など限られたものしか出会えなかったサナエ類。
眼の前に現れたオナガサナエ成熟♂。珍種ではないけれど嬉しい今日の出会いの一つでした。


2019/09/13(金)


今日は写真の整理と庭の草引きでした。昨日の在庫から。

1枚目:オオソリハシシギ。肩羽に冬羽が出てきています。成鳥冬羽に換羽中
2枚目:ダイゼン、幼羽の擦れが少なく綺麗な羽衣の幼鳥でした。
3枚目:適当な間隔で出会いがあるオバシギ成鳥。冬羽の成熟度が高くなってきました。
4枚目:擦れがなくサブターミナルバンドが明瞭なコオバシギ幼鳥でした。


2019/09/12(木)


1枚目と2枚目は同じ個体でハリオシギと思って撮りました。
ジシギ識別の大きな特徴点である尾羽を撮れていないので
ハリオシギと思うと言うだけにとどまります。
自分的にはハリオシギ成鳥で保存しておきます。

3枚目はシマアジです。雌雄や年齢はこの時期のシマアジは難しいので調べなければなりません。

4枚目は探鳥最後に池に寄ったらアカアシシギ2羽がお立ち台の上に乗ってました。
左前が幼鳥で右後ろが成鳥です。


2019/09/11(水)


池に15羽のセイタカシギ。これだけのセイタカシギをこの池で見るのは久しぶりでした。成鳥10羽と幼鳥5羽。
数年前なら9月のこの時期には30数羽が見れたのに。
浮遊式の太陽光が北池を覆ってからはセイタカも普通種ではなくなってきました。
15羽がいたという証拠写真だけを撮っておこうとしましたが15羽は1画面に入りません。
雲に覆われた空では写真も良くありません。

セイタカ15羽、アオアシ7羽、オグロが1羽。これだけの大型シギがいると寂しかった池がにぎやかに感じます。
今日はアカアシシギもツルシギもいませんでした。





2019/09/10(火)


暑い日でした。8時半に家を出て2時間ほど近場の定点で探鳥してから、3時間ほどトンボ探し、
そして午後から再度海岸線に戻って鳥見です。1週間に4日、そんなパターンが続いています。

1-2枚目:ヨーロッパトウネン幼鳥。
3枚目:ノシメトンボ連結。
4枚目:アオイトトンボ連結。


2019/09/09(月)


1枚目
ツバメチドリは今季初見でしたが遠すぎました。成鳥冬羽に換羽中。
2枚目:オオメダイチドリ幼鳥。
3枚目:オオメダイチドリ成鳥 冬羽に換羽中。


2019/09/07(土)


ヨーロッパトウネンの成鳥、8月18日にとって以来、探していますが見つけられません。
ここ数年、9月に成鳥を見ることが多いので居残っていることを期待するのですが。

最近出会いのなかったオバシギ成鳥、久しぶりに姿を現しました。冬羽が進んできました(1枚目)。

標識付きのシロチドりも今日は久しぶりに愛想してくれました(3-4枚目)。
冬羽のシロチドリ、雌雄の識別に関心があるのですが難しすぎます。


2019/09/06(金)


アカアシが4羽揃うとそこだけが、水面が明るくなったような。
3枚とも左から2個体目が成鳥で他は幼鳥です。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
Top「光昌のホーム」
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71