三重県中部をメインに撮影した野鳥・今日の一枚です。
画像クリックで拡大します。

**光昌のホーム**

2018/03/14(水)


昨日のぼやきがツルシギに通じたのかやっと1羽入りました。ツルシギが渡来して当地に春が来ます。シギチの春の始まりです。
渡来が遅いので数が今年は期待できないかも知れない。
今日は遠かったので羽衣の詳細は分かりづらく第1回冬羽のように思いますが、それは近距離で撮れるまで保留しておきます。

3枚目はタゲリ♂成鳥。 夏羽に換羽中です。
4枚目はタゲリ第1回冬羽です。第1回夏羽に換羽初期と言った方がいいかもしれません。
昨日までの数日、100羽ほどいたタゲリも今日は数羽でした。旅立つ前の集結はいつものことです。
タゲリの観察は夏羽への換羽がどんどん進んでいく今からがおもしろいです。
毎年、これから4月上旬までタゲリを意識して探鳥しています。完全な♀夏羽はまだ1個体しか撮れていないので
今年こそは2個体目の♀夏羽を探し出したいです。



2018/03/13(火)


ツルシギが入ってこないのが気になります。池を覆った太陽光パネルの影響が徐々に現れてくるのではないかと。
今年はセイタカシギも1家族が時々寄っても数日で移動していきました。
セイタカシギの越冬がなかった年はこの10年はなかったのにです。
そんな中、今日はコチドリが10羽ほど入ってました。当地ではコチドリは冬鳥ではなく夏鳥として渡来してきます。
1枚目:コチドリ成鳥夏羽♂
2枚目:コチドリ成鳥夏羽♀


2018/03/12(月)


1枚目と2枚目は同じウミアイサです。このウミアイサの成・幼、雌雄を考えても答えまで行きつけません。
ちょっと変わったウミアイサには見えませんか。

3枚目はタゲリ♀成鳥冬羽です。
4枚目は今日も居残ってましたオオホシハジロ成鳥です。


2018/03/10(土)


ミヤコドリ数羽が河口干潟から川の干潟へ、或いは川の干潟から河口干潟へ行き来している。
よく見れば河口干潟から川に入ってくるミヤコドリの口には貝が。河口干潟で貝を採り、
ユリカモメの横取りを防ぐために川へ入ってくるのでしょう。
1枚目の貝はアケミガイですが、2枚目の貝はシオフキガイと思ってましたが写真を見ると違うようです。


2018/03/08(木)


ミツユビカモメが20−30羽ほど、雨中ユリカモメを見ていたら沖から1羽また1羽と入ってきました。
よほど沖が時化ていたのか、ミツユビカモメがこんなに避難してきたことは記憶にありません。
第1回から成鳥迄、第2回もいたと思うのですが雨が強くなったり弱くなったり落ち着いて写真は撮れません。
明日、天気回復すれば戻っていくのでしょう。
車内に雨は入り込むし、レンズは濡れるわで早々に切り上げました。
帰ってまた昨日の続きでシギチページの見直しでした。
今日はムナグロののステージに躓き時間を浪費しました。

http://mitumasa.net/birdtop/bird/munaguro20100501a/munaguro20100501a.html




2018/03/07(水)


昨日は上げるものがなかった。今日は家を出られない用があり鳥見を休みました。
留守番の時間を利用して一日中、シギチのページを見直していました。
多くの人が見てくれるのに過去に上げたままで見直しが遅れていることに実は焦っています。
今日の一枚が過去の1枚になりますが見直した一つを。
見直しの結果、間違いではと訂正したハマシギです。1枚目・2枚目の夏羽は雨覆の激しい擦れからく第1回夏羽ではとしてありました。
群れの中で際立った擦れの激しさから普通で考えるのなら第1回夏羽としておかしくないと思うのですがハマシギは特別のようです。
その特別と思った理由に5月下旬にになっても夏羽の黒色斑や橙色斑、下面の黒斑もない冬羽のような羽衣の個体がいることです。
ハマシギの第1回夏羽は成鳥夏羽のような羽衣にはならず不完全な冬羽のような羽衣なのだと言うことです。

1−2枚目:5月16日のハマシギ成鳥夏羽。 3−4枚目:第1回夏羽


2018/03/05(月)


対岸の木にとまっていたオオタカ成鳥。眼光の鋭さから泳いでいるカモを狙っているなと待ちかまえていたら
なんと車の真上を通り過ぎ、一直線に畑にいた1羽のカモを襲いました。
近くで群れで泳いでいるコガモを襲わず、150mはあるであろう田んぼのカモを狙いました。
群れから離れたものはこうしてオオタカの餌食になっていくのでしょう。


2018/03/04(日)


越冬している3羽のオオハシシギ。夏羽が出だしているので詳細の分かる写真をきっちり撮っておきたかったのですが
オオタカが現れ飛ばしてしまいました。明日またやり直しです。



2018/03/03(土)


渡りの一番乗りはホウロクシギでした。毎年、ツルシギかホウロクが春の訪れと共にやってきます。
ツルシギが早い年もあればホウロクが早い年もあります。今年はホウロクに軍配が上がりました。

写真のホウロクシギ成鳥はほぼ夏羽個体と言っていいところまで夏羽への換羽が進んでいます。


2018/03/02(金)


2・3日居ては2・3日居なくなり、居なくなったと思えばまた2・3日現れる。バーダーをもてあそんでいるようなオオホシハジロです。
今日で3日間続けて現れているので明日はどうなりますか。現れていると言っても対岸にへばりついて写真にならない距離、
とてもサービスが悪くなったような、サービス週間は過ぎたのでしょうか。
1枚目の写真は500个濃ったトリミングなしの写真です。どれがオオホシハジロか迷う人も多いはずです。

2枚目から4枚目はホオジロガモです。


2018/03/01(木)


ダイゼン20羽ほどの群れでしたが成鳥はおらず昨年生まれの若鳥ばかりでした。
越冬するダイゼンの殆どが第1回冬羽で成鳥が混じることは少ないです。

その第1回冬羽の羽衣も
雨覆の擦れの激しさから一見して第1回冬羽と分かるもの、成鳥ではないかと疑うものまでいろいろです。

羽衣は多様ですが写真は全て第1回冬羽です。


2018/02/27(火)


今日は何を押しても枝被りとピンボケばかりで保存するような写真ははゼロでした。昨日の写真からハマシギとミユビシギを。

ハマシギとミユビの群れから夏羽の出始めたものを探しましたが、
ハマシギの第1回では夏羽が出始めているのが50羽ほどの中で5羽確認できましたが成鳥は1羽でした。
ミユビシギは50程の中で夏羽が1枚でも出ているものもいませんでした。
ミユビシギよりハマシギの方が夏羽への換羽が早く始まるのか、観察した群れだけの偶然なのかは分かりません。
1枚目と2枚目はハマシギ第1回夏羽に換羽初期。
3枚目:ハマシギ成鳥夏羽に換羽初期。
4枚目:ミユビシギ成鳥冬羽(中央の個体)。


2018/02/26(月)


久しぶりに三重県中部の海が賑わいを見せました。主役はオオホシハジロ♂成鳥。
当地は都会の都市公園のように珍種が度々出る訳でもありませんが1・2年に一度はバーダーを引き付ける鳥が現れます。
昨年はボナバルトカモメ成鳥でした。その前の年はボナバルト幼鳥でした。
その前は何だったかな、アカアシカツオドリやヤドリギツグミもあったような。
そしてその度に出会えずに遠路帰っていくバーダーも多いです。今いると言う情報も大事だけれど、
今日はいなかったという情報も大事なのだと思います。

2月26日、今日はオオホシハジロは一日中現れませんでした。



2018/02/23(金)


海辺の風景を撮って終わりました。
くつろぐミユビシギにハマシギ、それとツクシガモです。


2018/02/21(水)


ここ数日主役の座を完全に奪われたホオジロガモです。精一杯アピールしてるのですが
もっと近くによって来なくてはバーダーの心をつかめない?


2018/02/20(火)


昨日のオオハシシギです。1枚目は第1回冬羽、2枚目は成鳥冬羽です。
オオハシシギの成鳥冬羽と第1回冬羽の羽衣は紛らわしいですがは継続して観察していることで迷いなく年齢識別ができます。



2018/02/19(月)


風のない絶好の鳥見日和でした。昨日のおさがわせの鳥は今日も見つからなかったようです。
ツクシガモを撮り、カナダカモメを撮り、アメリカコガモを撮り、最後にシロカモメを撮り今日の鳥見を終えました。
ツクシガモの飛びものは久しぶりでした。4羽久しぶりに揃っていました。3羽が成鳥で1羽が若鳥に見えました。
♀第1回生殖羽でよいのでしょうか。
カナダカモメは今日の一枚初登場だと思います。過去一度も掲載した記憶がありませんが掲載したことを忘れているのかも知れません。
アメリカコガモも掲載は久しぶりのような気がします。
シロカモメは第1回冬羽のように見えます。


2018/02/17(土)


車でフイギュアスケートを見ていてふと海を見たらコガモが交尾を始めるところでした。
コガモの交尾を撮れたのは初めてでした。

3枚目と4枚目はタカブシギ成鳥冬羽です。


2018/02/15(木)


狙いはオオモズではなかったのですが、狙いの鳥が出てこないのでオオモズが気を利かしてくれたのでしょうか。
最高のおもてなしを受けました。

オオタカはちょっと不愛想、地元でいやほど撮ってるから愛想する必要はないと思ったのかも、♀成鳥でいいでしょうか。
4枚目は木の茂みから飛び出してきたこの鷹、ハイタカののようにも思いますがオオタカでしょうね。


2018/02/14(水)


写真不足が続いています。今日の一枚に上げるのになにかないかと被写体を探す始末です。

ズグロカモメが近かったです。ノートリのズグロなんて久しぶりです。
第1回冬羽でいいと思います。まもなく頭の黒いのが現れるのでしょう。
モズの飛翔を久しぶりに撮りました。只のモズです。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
Top「光昌のホーム」
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71