*--野鳥掲示板--*

スパム対策のため投稿用PASSをご記入ください。投稿用パスワードは 3939 です 。

ファイルサイズ 300KBまで。

Post a New Message
 Name
 E-Mail
 U R L
 Title
 Message
 文字色
 File
大きさ9765KB以下( jpg, gif, jpeg, mid, png, txt )
 Pass
投稿用PASS


換羽が完了した姿を見たかった
apisto  
光昌さん、こんばんは。
何時も楽しく拝見させていただいています。

先日マイフィールドで発見したアメリカヒドリの可能性もある個体を貼らせていただきます。

白色の中・小雨覆から♂成鳥で、肩羽や脇に非生殖羽が残っているので換羽途中のようです。
腋羽先端の灰褐色みと後部肩羽の灰色みはアメリカヒドリの個体差の範囲内のように思いますが、下記の点が気になります。

〉楷霽瑤旅班がほぼ無い。個体差や換羽途中を考慮しても♂でほぼ無いのは、大きなマイナスポイントだと思う。
嘴基部付近や頬から頸にかけての茶褐色みが強い。


総合的に判断して【アメリカヒドリ寄りのアメリカヒドリ×ヒドリガモ♂成鳥】のような気がしています。

ただ、上記△亡悗靴討蓮垠萃衄 日本のカモ識別図鑑》の76ページ上段左右画像の♂2個体にも、頸に同じような茶褐色みが写っていて、秋と春の違いはありますが、旧羽の摩耗や羽抜により根本側が見えているような気もします。
頭部の緑色帯の中に茶褐色みがあればすんなりヒドリガモの影響と判断するのですが、換羽途中の♂成鳥は観察経験が少なく少し迷いが残ります。

ちなみに、鳴き声はアメリカヒドリと同じ「ピャー、ピャッ」と2声繰り返しで、早々に旅立ったようで再会はできませんでした。 

何かお気付きの点等ございましたらご教示よろしくお願いします。
Date: 2020/10/27/23:29:32   [17013]



アトリ 行ってきました
Naokita  
中井さんのフィールドへ行ってきました。
500羽くらいいるようです。
Date: 2020/10/23/18:46:23   [17010]

Re:アトリ 行ってきました
Naokita  
今年は当たり年なんでしょうか!
Date: 2020/10/23/18:50:41   [17011]

Re:アトリ 行ってきました
光昌  

アトリの当たり年、写真も言葉の響きも素晴らしいです。

熊野の行って、今日の一枚にアトリをアップしたことで、
掲示板で、DMで、熊野つながりの人たちから反応頂いて、
熊野に行ってよかったと
中井さんつながりの鳥友を強く意識した日になりました。




Date: 2020/10/23/19:47:40   [17012]



アトリ、こちらにも
しま  
ご無沙汰しています。
私も中井さんのフィールドが気になりながら、彼がいない熊野へ足を延ばせずにいます。
蜜柑を買いがてらノビタキを見に行こうかな。
本日、南伊勢町内にもアトリが100羽ほど来ているのを見つけました。
Date: 2020/10/21/17:23:46   [17008]

Re:アトリ、こちらにも
光昌  

しまさん ようこそ

熊野だというと家内も喜んでついてきます。蜜柑を買うのを楽しみにです。

ノビタキが愛想をしてくれるので楽しんで帰ってこれます。

アトリが地元に100羽、三雲の田園から見れば凄いことです。
Date: 2020/10/21/19:06:48   [17009]



今シーズンも出会えた
apisto  
光昌さん、こんばんは。
何時も楽しく拝見させていただいています。

先日マイフィールドで発見したシマアジ×2羽を貼らせていただきます。
遠目に居たコガモ×約60羽の中に混じって寝ていました。
全体的な羽衣と雨覆から♂幼鳥と♀幼鳥のように思います。

左上画像 = 羽ばたき個体:シマアジ♀幼鳥
右上画像 = 羽ばたき個体:シマアジ♂幼鳥
下画像 = 左:シマアジ♀幼鳥、右:シマアジ♂幼鳥


撮影できる距離に回り込めましたが、観察中はほぼ寝ていて、諦めかけた頃にトビ vs ハシボソガラスが起こしてくれました。
秋のシマアジ幼鳥は雨覆を確認しないと雌雄の識別で悩むので、2羽共に斜め後ろ向きで羽ばたいてくれたのは運が良かったです。
ただ、この撮影の後にはるか遠くへ泳いで行ってしまいました。

何かお気付きの点等ございましたらご教示よろしくお願いします。
Date: 2020/10/10/23:46:42   [17005]

Re:今シーズンも出会えた
apisto  
もう一枚貼らせていただきます。

先日マイフィールドで発見したシマアジで、上記♂とは別個体です。
コガモ×約35羽に混じって採餌していました。

全体的にさほど幼さを感じませんが、右脇の最上列にある尖り気味な羽は幼羽だろうと思います。
また、胸側から上背にかけての班が密に整然と並んで見えることや、虹彩に赤味が無いように感じたことからも、恐らく幼羽 → 第一回非生殖羽への換羽が少し進んだ♂幼鳥のように思います。
しかし、唯一飛び立った際に見えた腹部が白っぽいことや、画像では中・小雨覆が一様な淡灰色にも見えることから、♂成鳥(エクリプス)の可能性があるのか?と少しだけ迷いが残ります。

過去に出会った秋のシマアジは、2016年秋に発見した成鳥の可能性が高めな♀×1羽以外は、明らかな幼鳥が殆どです。
贅沢を言っては駄目だとは思いますが、何時かは成鳥と断定できる秋のシマアジと出会いたいです。
シギチで言えば秋のオバシギ成鳥のように、やはりシマアジも成鳥と幼鳥の秋の渡りルートが違うのでしょうね。

何かお気付きの点等ございましたらご教示よろしくお願いします。
Date: 2020/10/10/23:51:53   [17006]

Re:今シーズンも出会えた
光昌  

幼鳥と成鳥の区別が難しい時期なので雨覆が見えるまで待っている。
apisto さんの辛抱強さにはいつも敬服しています。
成・幼の識別点も含めて解説されているので、勉強させてもらっています。
Date: 2020/10/14/17:25:28   [17007]



終盤に嬉しい出会い
apisto  
光昌さん、こんばんは。
何時も楽しく拝見させていただいています。

先日、マイフィールドで4年ぶりに見たエリマキシギ幼鳥を貼らせていただきます。
アオアシシギ幼鳥との大きさの比較から♀のように思います。
明らかに左足をかばっていたのが気になりましたが、食欲旺盛で観察中ずっと採餌していたことから深刻な状態ではなさそうです。

この休耕田に居たのはこの2羽だけでしたが、アオアシシギ幼鳥が居てくれて助かりました。
遠目で単独だとエリマキシギの観察経験が少ない私は、恐らく雌雄の識別に迷っていたと思います。

今期、マイフィールドのシギチの渡りは悲惨な状況で、特に内陸性のシギチはクサシギとムナグロを除いては、ここ4年タカブシギすら見ていませんでした。
発見してくれた鳥友には感謝です。

何かお気付きの点等ございましたら、ご教示よろしくお願いします。


ちなみに、本日アップされた《今日の1枚・・野鳥》の4枚目もエゾビタキのように見えます。
「4枚目:山あいで出会った1羽のコムクドリ」との記載なので、画像の選択間違いではないでしょうか?
小鳥は苦手なので違っていたらすいません。
Date: 2020/09/28/23:42:47   [17003]

Re:終盤に嬉しい出会い
光昌  

おはようございます。

いつもお世話になります。写真はエゾビタキです。
コメントを変えました。ありがとうございました。

今季のシギチの渡りはこちらもかつてない不作の年になりました。
エリマキシギも毎秋、5-6羽は見られるのですが、
9月10日に出会った1羽だけで終わりそうです。

29日に冬鳥のミヤコドリが数十羽(60程)とハマシギ100余りの群れを見ました。
春先まで海辺の主役として当地の海辺を賑わしてくれるかなと思っています。

Date: 2020/10/01/06:37:47   [17004]



久しぶりの雲出川
jm1999   HOME
今朝 2時間ほどそちらにおじゃましてました。
連休中とあって釣人多数で鳥影少なし。
それでもなんとか オオソリハシ、ダイゼン、オバシギ などの混群と出会えて救われました…
Date: 2020/09/19/19:42:50   [17000]

Re:久しぶりの雲出川
光昌  

今秋は現時点ではこれまでにないシギチ不作の当地です。
渡りの後半戦、盛り返しを期待したいです。
昨日は私も投稿頂いた写真のシギチの群れを見ました。
行き違いになったようですね。
Date: 2020/09/20/11:04:58   [17002]



ベニトンボの♀も発見!
apisto  
光昌さん、こんばんは。
何時も楽しく拝見させていただいています。

先日、マイフィールドで発見したベニトンボ♀と思われる個体を貼らせていただきます。
下記の点からベニトンボ♀のように思われ、腹部に赤みはありませんが成熟のような気がしています。

‖腓さが4.0兌
∽卒霽瑤黄金色
6刺側面の模様
ご虧漫柄鯵曄砲帽斑(眉斑)が無い。

近くの池から約20m離れた場所に居て、観察中は池に行くことはなく、時々飛び立っては微小な虫を捕食していてました。
9月4日に鳥友が近くの池でベニトンボ成熟♂×1頭を発見していて、この時も水際に成熟♂×2頭が留まっていました。
ここは7月6日に投稿させていただいたベニトンボ成熟♂×2頭が居た池とは別なので、既にマイフィールド内で世代をつないでいるのかもしれません。

詳しい方によると「南方系のトンボだが少しずつ北上しているので、こちらでもタイワンウチワヤンマのように、普通に見られるようになっていくのではないか」とのことなので、珍しがっているのも今の内のようですね。
それにしても、アカネ属の♀にしか見えないのに違うんですね!

左上画像 : ベニトンボ成熟♂

何かお気付きの点等ございましたら、ご教示よろしくお願いします。
Date: 2020/09/18/23:54:12   [16999]

Re:ベニトンボの♀も発見!
光昌  

ベニトンボ成熟♀の特徴と鮮明な画像を見せて頂きありがとうございます。

ベニトンボが現れそうな環境の池を何ヵ所か定期的に観察しているのですが
空振りばかりです。特にベニトンボの♀を撮りたくて
apistoさんの♀が当地に幸運を運んでくれそうなので
投稿頂いた写真をしっかり頭にインプットしておきます。

Date: 2020/09/20/10:59:59   [17001]



こんにちは〜
瑤子  
トンボの名前教えてほしいのです。
よく飛んでるアキアカネかな?と思って
撮ったのですが、何となく違うような気がして
。私の持ってる「北海道の昆虫」という図鑑を見ても、これだ!というのにたどり着けなかったです。
最悪、この一枚しか撮れなかったので
この写真だけで教えてほしいなんて
おこがましいのですが、宜しくお願いします。
Date: 2020/09/06/16:35:46   [16989]

Re:こんにちは〜
光昌  

瑤子さんの言われる通り、アキアカネ、なんとなく違うような。

顔面に赤色の化粧をしている、腹部に少し白粉を吹いているのかな?
短い産卵弁が見えるし、体形からも♀でしょうか。

未見のトンボの中にこんなのがいるのか探して見ても
エゾアカネでもないし、さて困ったです。タイリクアカネ、あるのかな〜?

宿題とします。2-3日時間をください。手持ちの図鑑で調べてみます。
北海道のトンボ図鑑はありませんが。
Date: 2020/09/07/21:00:02   [16991]

Re:こんにちは〜
光昌  

最北のトンボ、ちょっと調べてみました。
断定出来る自信ある識別には至りませんが思ったところを。

北海道に生息するであろうアカネ属の中から
翅端に褐色斑のあるヒメリスアカネ、ノシメトンボ、コノシメトンボ、ミヤマアカネの4種をまず除外。

翅の基部付近に斑紋があるエゾアカネ、キトンボも除外。

マユタテアカネ、マイコアカネ、ヒメアカネの成熟♀は顔面が黄褐色で
赤味はなくこの3種も除外。

タイリクアカネは翅脈が橙褐色、ムツアカネは胸部の黒条が目立つ太さでこの2種も除外できる。

残るはナツアカネ、アキアカネの2種になります。

残ったナツアカネとアキアカネのどちらかと言えばアキアカネを選びます。

瑤子さんの写真ではっきり確認できないが、翅胸側面の一部が赤く見える。
産卵弁は特に長くはないがしっかり写っている。

ナツアカネは産卵弁が見える写真を撮れたことがありません。
アキアカネはこの写真のように産卵弁が撮れることも多く
色々と考えてみてアキアカネ成熟♀と判断したいです。
Date: 2020/09/09/09:19:35   [16993]

Re:こんにちは〜
光昌  

アキアカネ成熟♀。
Date: 2020/09/09/09:37:09   [16994]

Re:こんにちは〜
光昌  

アキアカネ成熟♀
Date: 2020/09/09/09:37:45   [16995]

ありがとうございます。
瑤子  
光昌さん、お忙しい時に貴重なお時間を割いていただき、親身に調べていただき感謝と
お礼を申し上げます。

いろいろな観点から観察するのが一番良いのですが、これ1枚でここまで調べていただけるなんて本当に嬉しい限りです。

母が入院したりでバタバタしていましたので
お礼が遅くなり申し訳ございませんでした。
ありがとうございました。
Date: 2020/09/11/06:03:52   [16997]

Re:こんにちは〜
光昌  

いろんな角度から撮影できればいいですがそうもいかないよね。
アキアカネの成熟♀には腹部背面が褐色の個体や赤い個体がおり
普通種であるのに♀の場合は特にあれ、なんてトンボだと思うこともありますね。
腹部背面が褐色タイプの♀を貼ったので、赤いタイプの♀を貼っておきます。
Date: 2020/09/13/18:24:21   [16998]



黄昏ヤンマ探し継続中
apisto  
光昌さん、こんばんは。
何時も楽しく拝見させていただいています。

シギチ観察シーズンですが、マイフィールドは寂しい状況ですので、今回も先日マイフィールドで発見した黄昏トンボ3種を貼らせていただきます。

左上画像 : カトリヤンマ♀成熟 オス型のメス!?
左下画像 : カトリヤンマ♂成熟
中央上画像 : コシボソヤンマ♀成熟
中央下画像 : コシボソヤンマ♂成熟
右上画像 : ミルンヤンマ♀成熟
右下画像 : ミルンヤンマ♂成熟

左上画像のカトリヤンマ♀成熟は、発見時は♂成熟なのか?と思えるほど複眼が鮮明で、ネット検索するとカトリヤンマにも「オス型のメス」という個体がいるようで、その特徴を備えているような気がしますがいかがでしょうか?

自力発見したフィールドで黄昏ヤンマを探しているのですが、トンボ玄人が来ない代わりに昨年までは発見数ゼロの日が殆どでした。
今年4年目にしてようやく発見率が上がってきて、個体数は多いとは言えませんが、狙いをつけたフィールドが間違っていなかったんだと実感しています。
今後も羽化や連結交尾、産卵シーンを探して撮影するつもりはなく、気楽に楽しんでいこうと思っています。

何かお気付きの点等ございましたら、ご教示よろしくお願いします。

■2020.9.6 23:50 間違いに気付き「虹彩→複眼」に訂正しました。
Date: 2020/09/05/18:40:35   [16988]

Re:黄昏ヤンマ探し継続中
光昌  

黄昏ヤンマ探し、成果が大きくて楽しそうですね。
カトリヤンマの♂型♀。初めて聞く言葉なので勉強させてもらっています。

成熟♂は腹部第2・3節の斑紋が青色、複眼の青みが強い。
♀は腹部の斑紋が緑色、複眼も緑色の個体が多いと図鑑に書かれている。

その記述を頭に入れてカトリヤンマの上下の写真を見てみると
確かに上の♀個体は複眼の青色が鮮明に見えます。

発見率があっているのはapistoさんの熱意が黄昏ヤンマたちに伝わるのでしょう。


Date: 2020/09/07/20:37:37   [16990]

Re:黄昏ヤンマ探し継続中
apisto  
光昌さん、コメント有難うございます。

念のため、腹部第2・3節の色味がわかる大きめの画像を投稿させていただきます。

左画像 : カトリヤンマ成熟♀ オス型のメス!?
右画像 : カトリヤンマ成熟♂

ちなみに、トンボは野鳥と違い「成熟♂・♀」と表現するのが正解のようですね。

 (返信不要です)
Date: 2020/09/07/23:49:17   [16992]

Re:黄昏ヤンマ探し継続中
光昌  

腹部第2・3節の色味がわかる拡大画像、ありがとうございます。
今後カトリヤンマの♂・♀が撮れることがあれば、とても参考になります。
Date: 2020/09/09/17:07:05   [16996]



背中にV字が3羽
アッピー  
光昌さん、ご無沙汰です。
予想通りというか、シギチの秋の渡りは少ないです。東日本大震災以降、毎年悪くなるばかりの気がしてます。
Date: 2020/08/30/20:23:04   [16985]

Re:背中にV字が3羽
光昌  

おはようございます。

シギチは年々少なくなり、こちらも昔の面影はありません。

それでもさすがアッピーさん、キリアイ2羽とヨロネン1羽。
V字3羽とは豪華です。
Date: 2020/09/01/07:45:22   [16987]



こんにちは〜
瑤子  
エアコンつけていた日はつい最近まで。
昨日から急に朝晩涼しくなりました。
もう秋ですもんね。
そちらはまだまだ暑い日が続くのでしょうね。
ご自愛下さいね。
オニヤンマ、今年も撮れましたよ。
Date: 2020/08/30/16:23:33   [16984]

Re:こんにちは〜
光昌  

おはようございます。瑤子さんちの涼しさがまもなくこちらにも届くのでしょう。
オニヤンマとセットで送り届けてくれたのに
涼しさは道中で道草をくっているのか、もう少し先になりそうです。

オニヤンマも今年はまだ現れてくれません。ただ今コオニヤンマばかりです。
Date: 2020/09/01/07:41:39   [16986]



何鳥か教えて頂きたい・・・
大橋 成好  E-Mail 
初めまして新潟の者です・・・
持ち込まれた小鳥の名前を教えて頂きたくお願い申し上げます。
Date: 2020/08/25/18:14:51   [16982]

Re:何鳥か教えて頂きたい・・・
光昌  

小鳥の識別は私は苦手です。
投稿頂いた写真だけで識別する能力は私にはありません。
私自身が小鳥を撮影する場合、後の識別を考えて
いろんな角度から、いろんな部位を撮るよう心がけます。
いつも見ているシギチであれば、シルエットからでも
ある程度の判断を試みることは出来ますが小鳥にそれは無理なので
お尋ね頂いたのに申し訳なく思っています。
Date: 2020/08/26/20:15:21   [16983]



こんにちは
瑤子  
先日はありがとうございました^^

あのね、最近光昌さんのページが
話題になっています。日本の野鳥識別図鑑というサイトですが、アオアシシギか?キアシシギで、光昌さんのサイトが参考にされています^^
私も一応、勉強のために籍を置いているのですが、幽霊メンバーです(^^;)

そこのホームページ、私の知り合いよ〜と
言ってはいませんが、何か誇らしいです^^
Date: 2020/08/21/16:52:27   [16979]

Re:こんにちは
光昌  

おはようございます。何度も読んでいたのですが返信をさぼってました。

そこのページ私の知り合いよ〜と大きな声で主張してください(^_-)-☆
参考にしてくれる人がいる。とても嬉しいことです。
Date: 2020/08/25/06:34:21   [16980]



暑さや蚊との闘い/休憩ポーズ
apisto  
光昌さん、こんばんは。
何時も楽しく拝見させていただいています。

先日マイフィールドで発見した黄昏トンボ2種とルリモンハナバチを貼らせていただきます。

左画像 : ネアカヨシヤンマ♂老熟(初見)
右上画像 : マルタンヤンマ♀成熟(初見)
右下画像 : ルリモンハナバチ

黄昏ヤンマ探しは発見率が悪い上に暑さや蚊との闘いなので、私のような素人にはハードルが高く心が折れそうになりますが、その分発見できた時は感動もので年々病みつきになってきました。

ルリモンハナバチは枝先に留まりじっとしていました。
よく見ると脚を使わず枝先を噛んで、わずかに腹部を動かしていることから水分補給なのかと思いましたが、ネット検索すると「木の枝先を噛んで休憩しているところ」のようです!
画像としてはイマイチですが、こんな習性があることを知れたので逆に良かったです。

何かお気付きの点等ございましたら、ご教示よろしくお願いします。
Date: 2020/08/20/01:04:43   [16977]

Re:暑さや蚊との闘い/休憩ポーズ
光昌  

ネアカヨシヤンマ♂とマルタンヤンマ♀、それにルリモンハナバチですか。
私の未見が勢ぞろいです。黄昏ヤンマ探し、惹きつけられそうな言葉です。
まずはマイフィールドでこのようなトンボが出そうな環境から
探し出さなくてはならないです。刺激ある写真をありがとうございます。

先日は背中をアブにかまれました。

Date: 2020/08/21/15:31:55   [16978]



ご無沙汰です
Naokita  
うだるような暑さにまいってます。
こんなトンボを撮ってきたのですが?
大きさは3〜4センチくらいでした。
Date: 2020/08/17/12:56:24   [16974]

Re:ご無沙汰です
Naokita  
『黒いブタの鼻のような、眉斑(びはん)』という記載を見つけました。
マユタテアカネでしょうか
Date: 2020/08/17/19:23:58   [16975]

Re:ご無沙汰です
光昌  

暑さが凄いですね。コロナの上に熱中症への警戒。一つ厄介なのが増えました。

豚鼻の赤いトンボと言えばマユタテアカネ。特徴がはっきりしているので、正面顔さえ撮ってあればって感じです。
Date: 2020/08/19/07:40:58   [16976]



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
**光昌のホーム**
[TOP]
shiromuku(bu2)BBS version 2.36