*--野鳥掲示板--*

スパム対策のため投稿用PASSをご記入ください。投稿用パスワードは 3939 です 。

ファイルサイズ 300KBまで。

Post a New Message
 Name
 E-Mail
 U R L
 Title
 Message
 文字色
 File
大きさ9765KB以下( jpg, gif, jpeg, mid, png, txt )
 Pass
投稿用PASS


サンコウチョウ
岩田  
暗い林の中
Date: 2020/06/01/09:58:58   [16951]

Re:サンコウチョウ
光昌  

まさに「幽玄の美」です。
「幽玄の世界」に引き込まれるような素敵な一枚です。

Date: 2020/06/02/07:26:56   [16952]



スナモグリ狙い!?/春の赤味がある成鳥夏羽は初
apisto  
光昌さん、こんにちは。
何時も楽しく拝見させていただいています。

先日マイフィールドで発見したソリハシシギとミユビシギ×2羽を貼らせていいただきます。

ソリハシシギは成鳥と思われ、捕食していた獲物の9割以上がスナモグリ(ボケ)でした!
周囲の他のシギ・チドリはカニやゴカイ、微細なものを捕食していたので、当個体は明らかにスナモグリを狙っているようでした。
別の場所では過去に、スナモグリを捕食するホウロクシギやチュウシャクシギを何度か見たたことはありましたが、ソリハシシギは初めてです。
今春のソリハシシギは当個体だけですが、この場所に沢山のスナモグリが生息していることを教えてくれました。

ミユビシギは5月11日に発見した2羽で、常に一緒に行動していました。
赤味のある個体は♂成鳥で、白っぽい個体は1sではなく夏羽へ換羽中の♀成鳥のような気がしています。
マイフィールドに飛来するミユビシギ成鳥は珍しく、春に発見する成鳥は白っぽい個体ばかりで、赤味のある成鳥は秋の夏羽後期を何度か見たことがあるだけでした。
私的には今春ここまでで一番嬉しかった発見です。

何かお気付きの点等ございましたら、ご教示よろしくお願いします。
Date: 2020/05/23/17:19:04   [16946]

Re:スナモグリ狙い!?/春の赤味がある成鳥夏羽は初
光昌  

ソリハシの好物はボケですか。こちらは蟹が主食です。
たまにゴカイ、稀にカメジャコを捕食することもあります。

ミユビシギは5月中旬を過ぎても下旬になっても赤味の強くない個体が多くいます。
ミユビは夏羽換羽が遅い個体が多いのだろう、換羽中だろうと思っていましたが
赤味の少ない個体は♀成鳥なのだろうと考えるようになりました。
一方、第1回夏羽は殆ど赤味のない冬羽のような不完全な羽色で
夏を迎えるのだろうと思っています。
成鳥夏羽♀と第1回夏羽の識別はいつも考えさせられます。
風切羽や雨覆に明らかに摩耗した羽があればいいのですが
擦れた幼羽が見えない場合は第1回夏羽とはしづらいです。
今春一番うれしかったミユビシギ、良かったですね。

Date: 2020/05/24/19:55:45   [16947]

Re:スナモグリ狙い!?/春の赤味がある成鳥夏羽は初
apisto  
光昌さん、こんばんは。
コメント有難うございます。

大きさからスナモグリだと思っていましたが、スナモグリは
片方のはさみが大きいようですね。
吊り下げている画像と飲み込む画像は別の獲物なのですが
飲み込む画像では左右のはさみが同大に見えることから
アナジャコ類の幼体なのかもしれませんね。
(返信不要です)
Date: 2020/05/24/23:03:47   [16948]

Re:スナモグリ狙い!?/春の赤味がある成鳥夏羽は初
apisto  
光昌さん、こんばんは。

アナジャコかスナモグリかの識別は私の手には負えないので、地元の学芸員に確認してもらいました。
「小型のヨコヤアナジャコという種もいるのですが、写真のものはも大きいのでアナジャコと思われます。
河口干潟では泥っぽいところでアナジャコ類が、砂っぽいところにニホンスナモグリがいてます。ただのスナモグリは磯に多いです」とのことです。

光昌さんからの「稀にカメジャコを捕食することもあります」とのヒントがなければ、スナモグリだと勘違いのままになるところでした。

ついでに、添付画像のトウネン成鳥がくわえているものも教えてもらいました。
「恐らくコウイカ類の卵鞘です。ちょうど今が産卵期で、ブドウの房状になっていて海藻や岩に産み付けます。この場所でも確認しています。これらの卵鞘には魚が嫌う物質が含まれており、魚には食べられないようですが、鳥は食べてしまうんですね」とのことです。

こちらも光昌さんからのヒントがなければ、何かの魚卵だと済ませていたところでした。
Date: 2020/05/26/01:09:31   [16949]

Re:スナモグリ狙い!?/春の赤味がある成鳥夏羽は初
光昌  

ボケとアナジャコの見分けを私はよく分かっていません。
釣りを趣味にしていた頃、チネ釣りなどによくボケを使ってましたが、
アナジャコに比べボケは小さい。そんな記憶が残っているので
写真を見て、ボケ?と思っただけでした。
尚、アナジャコ=カメジャコと思って書きましたが正確でないかもですね。
Date: 2020/05/29/20:02:50   [16950]



ハヤブサの子育て
岩田  
6年前に酔鳥さんとよく見に行った営巣地で、今年久しぶりに子育てしています。
Date: 2020/05/19/16:36:29   [16944]

Re:ハヤブサの子育て
光昌  

カッコウいいですねハヤブサ君。

もう6年になりますか。
酔鳥さんもあちらの世界からこのハヤブサを見ているかもしれませんね。
懐かしいです。
Date: 2020/05/22/20:15:03   [16945]



今回の発見個体も成幼で悩む
apisto  
光昌さん、こんにちは。
何時も楽しく拝見させていただいています。

5月7日にマイフィールドで発見したホウロクシギを貼らせていただきます。
今春2個体目の発見で、3月25日に投稿させていただいた個体よりも更に嘴が短く黒味が淡かったので、♂第1回夏羽の可能性を考えましたが、私の識別力では幼羽や第1回夏羽の証を見つけることができませんでした。
嘴の長さは雌雄差や個体差があるようですが、比較的に若めの♂成鳥のような気がしています。

私は見ていませんが、地元の鳥友が4月29日に同場所でホウロクシギ 推定:♂成鳥を発見していたので、最初は同一個体かとも思いましたが、嘴の長さや黒味等の特徴からも別個体のようです。
今春はこれでマイフィールドに立ち寄ってくれたホウロクシギが3羽となり、私の知る限り最多です!

ホウロクシギは第1回夏羽と成鳥夏羽の識別が困難な個体も少なくないようですね。
観察経験も多くなく識別力もないので、嘴が短めで明らかな幼羽や特徴が確認できないと識別に自信が持てません。

何かお気付きの点等ございましたら、ご教示よろしくお願いします。
Date: 2020/05/09/14:49:39   [16940]

Re:今回の発見個体も成幼で悩む
光昌  

嘴は短いけれどapisutoさんも言われるように第1回個体とは私にも見えません。
幼鳥の嘴は短いという固定観念から嘴の短い個体を見ると
第一回を捨てきることがなかなか出来ませんが
ホウロクシギ成鳥には嘴の長短が結構ある。それは単なる個体差なのか年齢からくるものなのか
2年目の若い成鳥と3年目の成鳥、熟した成鳥の差は?。
ホウロクシギやダイシャクシギは何年で完全な成鳥になるかもありますね。
Date: 2020/05/10/19:32:42   [16943]



山鳥
岩田  
光昌さん、以前はこの時期そちらでお世話になっていましたが、最近はすっかりご無沙汰しています。
人気のない林道で、山鳥観察しています。
長い尾羽が今年は早くも抜け落ちました。どうしたんでしょうかねえ?
Date: 2020/05/04/08:40:30   [16939]

Re:山鳥
光昌  

岩田さん 春季シギチの渡り、かつての光景は当地にありません。
コロナの影響で海岸線にバーダーを殆ど見かけませんが
自粛しているのはバーダーだけでなく鳥もかと思うほど寂しくなっています。
シギチのメッカ雲出川河口、そう思っていたのは過去のことになりました。
ヤマドリ、こんな素晴らしいのが撮れるとは羨ましい限りです。いいデスネ。

Date: 2020/05/10/19:17:24   [16942]



ジシギ
アッピー  
一昨日にたんぼでタシギでないジシギを見つけました。
Date: 2020/04/24/19:46:17   [16935]

Re:ジシギ
アッピー  
帰宅後に画像確認してみたらオオジシギではなさそう。昨日に尾羽を確認しに行ったらいませんでした。見つけたときにはオオジと思い、尾羽を確認しなかったことが悔やまれます。
Date: 2020/04/24/19:48:49   [16936]

Re:ジシギ
光昌  

おはようございます。ハリオとの出会いおめでとうございます。
疑うものは何もありませんね。

1昨年の5月中旬に地元で出会ったハリオが強烈に思い浮かんできます。

春のハリオ成鳥との出会いは特別デスネ。
Date: 2020/04/28/06:21:31   [16937]

Re:ジシギ
アッピー  
同じ個体を撮影したベテランバーダーさんもハリオシギと言ってましたし、
ハリオを何個体も見てこられた光昌さんのお墨付きも心強いです。
尾羽は撮れてませんがハリオシギで決着しておきます。
ありがとうございました。
Date: 2020/04/28/22:08:54   [16938]

Re:ジシギ
光昌  

そうでしょうね。体型からハリオを否定できないでしょう。
尾羽がどうのこうのよりハリオ以外に考えられないですね。
Date: 2020/05/10/19:10:34   [16941]



河口も少しは賑やかになりました
岩田  
オバシギ3羽とダイゼン2羽
Date: 2020/04/18/23:00:45   [16932]

Re:河口も少しは賑やかななりました
光昌  

こちらでオバシギを初認したのは昨日でした。
播磨の方が一歩先に進んでいますね。
Date: 2020/04/24/15:27:24   [16934]



春は初で過去最多!
apisto  
光昌さん、こんばんは。
何時も楽しく拝見させていただいています。

先日、マイフィールドで発見したセイタカシギの群れとアオアシシギを貼らせていただきます。

シマアジや渡り途中のカモを期待して探しに行くと、池の護岸にセイタカシギ×19羽の群れが居ました。
渡って来たばかりなのか採餌もせずほぼじっとしていて、肩羽に褐色味のある10個体の内の数羽しか次列風切先端の確認はできませんでしたが、脚の色や雨覆等からも昨年生まれの第1回冬羽はおらず、♂成鳥×9羽+♀成鳥×10羽のような気がします。
マイフィールドでのセイタカシギの発見は秋〜冬の1〜2羽が殆どで、春の発見は初めてで驚いています。
2016年9月末に第1回冬羽×15羽の群れ(当掲示板に投稿させていただきました)を発見したことがありましたが、今回の発見は過去最多です。
数が多いので越冬場所が国内なのかもっと南の国なのか気になっています。

同じ池にアオアシシギも1羽居て、成鳥夏羽に換羽中のように思います。

不鮮明な画像ですが、何かお気付きの点等ございましたら、ご教示よろしくお願いします。
Date: 2020/04/18/22:51:07   [16931]

Re:春は初で過去最多!
光昌  

19羽のセイタカシギ見事ですね。繁殖場所に移動途中なのでしょうか。
貴地で繁殖場所を見つけて営巣してほしいですね。
19羽のセイタカを見てアオアシは何を思っているのでしょう。寂しそうです。
Date: 2020/04/24/15:21:24   [16933]



ミゾゴイ
Naokita  
散歩中、自宅から数百メートルのところで見つけました。
大急ぎで自宅までカメラを!・・・間に合いました。 (^^♪
Date: 2020/04/13/14:13:49   [16928]

Re:ミゾゴイ
光昌  

ミゾゴイ 素晴らしいです。自宅から数百メートルとは羨ましいです。
我が家の窓から見えるのは今日はキジとツグミだけでした。
Date: 2020/04/15/20:06:47   [16930]



シマアジ♀の成鳥を発見したい
apisto  
光昌さん、こんばんは。
何時も楽しく拝見させていただいています。

先日、マイフィールドで発見したシマアジ♀を貼らせていただきます。
コガモ約30羽の中に一羽だけ混じっていて、春の♀発見は4シーズンぶりです。
この撮影の後に遠くへ泳いで行ってしまったので、雨覆や翼帯の確認は一部しかできませんでした。
マイフィールドを通過するシマアジ♀は幼鳥ばかりなので、白っぽい腹部が見えた時は成鳥かと期待しましたが、赤味の無い虹彩や全体的な羽衣から、当個体もやはり昨年生まれの幼鳥のように思います。

春のシマアジ♂は(第1回)生殖羽なので一目瞭然ですが、シマアジ♀は発見する楽しみがありますよね。

不鮮明な画像ですが、何かお気付きの点等ございましたら、ご教示よろしくお願いします。

★こちらでは緊急事態宣言が発令されたので、探鳥の自粛を考えましたが、私はマイフィールドでの単独の自力探鳥で、野鳥密度の低いマイフィールドには野鳥カメラマンやバードウォッチャーはほぼ来ません。
また、普段から人との接触をできるだけ避けて探鳥をしているので、今後も最小限での探鳥は続けようと思っています。
Date: 2020/04/11/23:12:05   [16927]

Re:シマアジ♀の成鳥を発見したい
光昌  

apistoさん こんばんは
綺麗なのは♂繁殖羽だろうけれど
識別と言う観点から見れば♂より♀と言うことになりますね。
30程のコガモの群れ中に♀1羽を見つけ、成鳥と第1回の識別を楽しむ、
一目瞭然の♂では出来ないことです。

主は自力探鳥で情報はあくまで自力探鳥の延長線上ににあるもの
と言うのが私の鳥見の基本です。
特に今は一人でコツコツと鳥見しているのがベターですね。
Date: 2020/04/15/20:01:22   [16929]



入内雀
岩田  
満開の桜にやって来ました
Date: 2020/04/07/21:05:12   [16925]

Re:入内雀
光昌  

満開の桜にニュウナイ、毎年撮りたい写真の一枚ですが
今年はかないませんでした。
Date: 2020/04/09/19:59:55   [16926]



焙烙鴫
岩田  
河口に久々にやって来た。
Date: 2020/03/31/09:46:29   [16922]

Re:焙烙鴫
岩田  
葦原には吊巣雀が賑やかに鳴いていました。
Date: 2020/03/31/09:52:39   [16923]

Re:焙烙鴫
光昌  

大型シギが到着すると海辺も春らしくなりますね。
ツリスガラ、地元の葦原で根気よく探しているのですが...全廃です。

Date: 2020/04/04/20:47:49   [16924]



久々の発見とうっかりミス
apisto  
光昌さん、こんばんは。
何時も楽しく拝見させていただいています。

マイフィールドにもホウロクシギが一羽立ち寄ってくれましたので貼らせていただきます。
マイフィールドでの発見は2シーズンぶりですが、前回の発見ははるか遠くに舞い降りてタッチ&ゴーで飛んで行ってしまったので、まともな観察としては4シーズンぶりです。
嘴が若干短めに感じることから♂成鳥のような気がしますが、摩耗退色したようにも見える雨覆が少し引っかかります。

何かお気付きの点等ございましたら、ご教示よろしくお願いします。
Date: 2020/03/25/01:24:36   [16913]

Re:久々の発見とうっかりミス
apisto  
もう一枚すいません。

これは同一個体のペレットと糞です。
どちらも甲殻類の欠片が確認できるので、カニの欠片のように思います。
ペレットは市の施設に寄贈しようと思ったのですが、うっかり落としてバラバラになってしまいました。
喜んでもらえると思ったのに残念です。
Date: 2020/03/25/01:25:41   [16914]

Re:久々の発見とうっかりミス
光昌  

ホウロクの成鳥と幼鳥(第一回冬羽)はよく似ていますね。
嘴の長さで幼鳥と成鳥を区別できるのは10月頃迄ではないかと思っています。
投稿頂いたホウロクシギはapistoさんのおっしゃるように雨覆と三列に幼羽が残っているように私も思います。

甲殻類の欠片とカニの欠片まできちっと観察撮影なされる。さすがですね。

ホウロクシギ成鳥を一枚貼らしてもらいます。
只、この個体は赤味のある羽が出ていることから夏羽に換羽中であると判断しています。
Date: 2020/03/26/20:04:29   [16916]

Re:久々の発見とうっかりミス
apisto  
光昌さん、こんばんは。

貴重なご意見と画像を有難うございます。
参考にさせていただきます。

今日の観察で気付いたことがありましたので、追加画像を貼らせていただきます。
発見日に気になっていた雨覆の摩耗退色したようにも見える羽は、左右共に乾いた泥水が付着していただけのようです。
今日は雨覆の感じが違ったので、発見日の画像を再度見直してようやく気付きました。
当地へ飛来する前の中継地で、濁った水の中を泳いだり水浴びをしたのでしょうね。

当個体にはペレットや糞も見せてもらったし、記憶に残る個体となりました。
Date: 2020/03/26/23:32:25   [16919]

Re:久々の発見とうっかりミス
光昌  

写真が本来の羽模様を忠実に再現するとは限らないところに
識別の難しさがあるのがよく分かります。
Date: 2020/03/29/20:45:28   [16921]



亜種シコクヤマドリ
岩田  
今年も出会えました。酔鳥さんがおられたら、喜ばれるんですが。
Date: 2020/03/26/22:01:17   [16917]

Re:亜種シコクヤマドリ
岩田  
後ろ姿も見せてくれました
Date: 2020/03/26/22:02:00   [16918]

Re:亜種シコクヤマドリ
光昌  

シコクヤマドリ、凄いですね。感動です!
酔鳥さん、天国で俺も行きたかったと思ってるでしょうね。
Date: 2020/03/29/20:40:37   [16920]



ホウロク 飛来
jm1999   HOME
今日 三河の海にも ホウロクシギ 飛来していました!
小さな干潟の反対側に ダイシャクシギ もいて
両者がすれ違うの数十分待ちました…
Date: 2020/03/22/17:24:08   [16912]

Re:ホウロク 飛来
光昌  

春も秋もホウロクシギの渡りは数十羽の群れ、50から100程の群れで到着して
小群に分散するようです。

過去に春秋にそうしたホウロクの大きな群れを観察していますが
翌日には数羽単位の群れしか見られません。

今年は大きな群れを見る機会を逃しましたが
松阪周辺でホウロクの小群が初めて見られた日は三河の海にも
ホウロクが現れるだろうと思います。
ダイシャクとホウロク、1画面に収めることが出来ると\(^o^)/ですね。。

Date: 2020/03/26/19:44:29   [16915]



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
**光昌のホーム**
[TOP]
shiromuku(bu2)BBS version 2.36