三重県中部をメインに撮影した野鳥・今日の一枚です。
画像クリックで拡大します。

**光昌のホーム**

2019/01/05(土)


3時間ほど地元を廻ってみましたが何もありません。ミヤコドリもコクガンもツクシガモもいない。
オオハシシギもタカブもコアオもいない。成果のない日でした。
最近、シャッターを押していないミサゴを撮り、顔見知りのカモを撮って終わりました。


2019/01/03(木)


1枚目:カワアイサは撮影限界距離でした。今年も来ているというだけの値打ちしかない画像です。
2枚目:タゲリは例年通り来ています。今日は100程の出会いがありました。成鳥冬羽
3枚目:タカブシギ。成鳥2羽が越冬しています。
4枚目:なかなか探せなかったハジロコチドリ、今日は現れてくれました。成鳥冬羽


2019/01/02(水)


無事に年を超えたかどうか確認できると嬉しくなります。
コアオアシシギ第1回冬羽はタカブシギと一緒にいました。
2羽いるはずのオナガガモとヒドリガモの雑種は1羽しか今日は確認できなかった。


2019/01/01(火)


初日に手を合わせ今年の野鳥運を拝んできました。地元香良洲海岸も多くの人で賑わってました。

2枚目:キョウジョシギ第1回冬羽が取り始めになりました。
3枚目:ムナグロ第1回冬羽。
4枚目:アカエリカイツブリ成鳥冬羽。


2018/12/31(月)


明けましておめでとうございます。

今年も精一杯 野鳥を楽しみます。
宜しくお願い申し上げます。


2018/12/30(日)


お世話になったシギチたちに この1年の感謝の気持ちを伝えてきました。
ダイシャクシギもコアオアシシギも近距離で応えてくれました。

1枚目:ダイシャクシギ♂成鳥冬羽。
3枚目:コアオアシシギ第1回冬羽。


2018/12/26(水)


今年も数日を残すだけになりました。1年がとても早く過ぎ去っていきます。

最近の在庫からメジロガモ×ホシハジロを。


2018/12/25(火)


オオハヤブサは相性の悪い鳥でしたがやっと撮ることができました。
距離が遠いこともありますが眠い写真と陰でゴミ箱行きの大量生産でした。
10枚ほど使える画像が残ったので満足の一日にはなりました。


2018/12/24(月)


1枚目:ホオジロガモ♀冬 白い虹彩が綺麗です。
2枚目:ホオジロガモ♂1年目冬
3枚目:オオホシハジロは久しぶりでした。
4枚目:オオホシハジロの喉元の白斑が昨年より小さくなったような。


2018/12/22(土)


午前は雨、午後も曇天で遠くのものはシャッターを押す気にもなれず、タゲリを撮って帰りました。
先日8羽いたコクガンも5羽いたけれど急に飛び立ち消えてしまいました。ハマシギとシロチドリだけは多い。

この時期のタゲリの識別は難しいです。
1枚目と2枚目は第1回冬羽でいいと思いますが3枚目は♀成鳥冬羽だろうか。
4枚目はホオジロガモ♂1年目冬だろうか。


2018/12/20(木)


オオタカがいろいろと愛想をしてくれたけどSS不足でほとんどがブレブレでした。
今日の天気では仕方がありません。


2018/12/19(水)


昨日のヨーロッパトウネンを。
堤防上からの見下ろしと体を膨らませていることで足が短く見え、ヨロネンを疑ってしまいそうになります。
第1回冬羽と言ってもいいほど換羽が進んでいますが、ヨーロッパトウネン第1回冬羽に換羽中とします。


2018/12/18(火)


ミコアイサが8羽いたけれどパンダさんと呼べるほど換羽は進んでいるものはいなかった。
1枚目:♂エクリプス→生殖羽。
2枚目:♂エクリプス→生殖羽。
3枚目:♂1年目冬。
4枚目:♂1年目冬


2018/12/16(日)


風菌が戻ってきたようで何もしたくない今日でした。静養に努めた日でした。
昨日のシロカモメを。
このシロカモメもなかなか会えない鳥であることは確か。16日ぶりの再会でした。
ウスセグロは来ていない、普通種に近かったワシカモメも今や珍になりました。


2018/12/14(金)


明日は野鳥の会三重のミヤコドリの一斉調査です。
寒さが厳しくなってきました。調査員は大変です。頑張りましょう。

画像は昨日のミヤコドリです。一ヵ所に90程が集まってました。
調査は県内全域なのでどれだけのミヤコドリが来ているのか楽しみです。


2018/12/13(木)


鳥見の大半をカモで費やしました。多くのヒドリがいて♂アメヒがいて、
アメヒの♀も居ていいと思うのですが見つけられません。
無数のカモの中に群れからはぐれたのだろうコクガンが1羽浮いてました。



2018/12/11(火)


タゲリ30程の群れと出会い、いろいろな羽模様がいるので丁寧に順番に撮っていこうと、
が、途中で予期せぬハヤブサの来襲、タゲリの群れのど真ん中に降り立った。
撮影の邪魔をしないでくれとハヤブサに言いたかったけど、成鳥の綺麗なハヤブサだったので
非難する気持ちが吹っ飛びました。勝手なものです。
4枚目は探鳥最後に出会ったキョウジョシギ。
距離は遠かったけど第1回冬羽に換羽中と分かるだけで満足できました。
1枚目のタゲリは第1回冬羽、2枚目は♂成鳥冬羽です。


2018/12/10(月)


冬季のヒバリシギとの出会いは儲けた気分になります。
第1回冬羽に換羽途上です。

ミコアイサは早期の♂1年目冬です。


2018/12/09(日)


風邪気味で鳥見を控えていましたがやっと風菌を追い払ったようで気力が戻ってきました。
野外ではなく今日はパソコン内の探鳥をしてました。数日まともな鳥見をしてなかったので上げるものもなく
今日の1枚を休もうと思いましたが室内の探鳥から気になったシギを。
2016年6月4日と11日に撮ったオグロシギ。6月上旬の♂成鳥夏羽にしては違和感いっぱいの羽衣。
これがオグロシギの第1回夏羽なのだろうと思います。この時はオオソリハシシギ♂成鳥夏羽と行動していました。
その♂オオソリと同じ程か少し小さいことからこのオグロも♂と考えられます。
オグロシギ第1回夏羽は♂成鳥夏羽のような羽色にならず不完全な夏羽の羽衣で換羽を終える。
オグロシギ第1回夏羽♂と判断します。図鑑の裏付けはありません。パソコン内の発見でした。



2018/12/06(木)


ヨーロッパトウネン第1回冬羽に換羽中。
残っているであろうトウネンを探しに行ったら、トウネンは見つからずヨロネンが出てきました。
嬉しいような嬉しくないような。目的は12月のトウネンだったから。

オナガガモ×ヒドリガモの雑種、
居場所を決めたのかここ数日同じ場所で見かけます。出会ったときは必ずシャッターを押す1羽です。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
Top「光昌のホーム」
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71