三重県中部をメインに撮影した野鳥・今日の一枚です。
画像クリックで拡大します。

**光昌のホーム**

2020/05/04(月)


まだクロガモが残っていました。怪我もなさそうだしどうしたのだろう。
見えぬところで故障を抱えているのかもです。
3枚目:ミユビシギ夏羽。換羽中のような羽衣だけど♀夏羽ということもあるのかも。
4枚目:トウネン夏羽。とても可愛いです。


2020/05/03(日)


随分キツネが多くなりました。アライグマのように我が家の家庭菜園を荒らしはしませんが。
暗いニュースが多い中で、戯れる親子を見るととても癒されます。和みます。

写真は昨日の在庫から今日もトンボで
3枚目はシオカラトンボ未成熟♂。4枚目はハラビロトンボ成熟♂です。




2020/05/02(土)


五主海岸も金剛川河口も松名瀬海岸も、海岸はいたるところが通行止めです。
遠くからバーダーが来られることは今はないと思いますが書いておきます。

今日も山あいのトンボ探しでした。トンボは今日は成果あったと言えるかな。
1枚目:クロスジギンヤンマ未成熟♂。腹部第2節以降の青色部がまだ黄緑色です。
クロスジギンヤンマ未成熟はお初だったのでにっこりでした。
2枚目:ムカシヤンマ成熟♂。
3枚目:ヤマサナエ成熟♂。4枚目:ヤマサナエ成熟♀。

ハラビロトンボやシオカラトンボなども出現して賑やかになってきました。トンボもシーズンインです。


2020/05/01(金)


コロナが終息するまで鳥見も自粛気味です。
今日の一枚にアップするにも野鳥観察をあおっているのではと気が引けます。

人のいるところはパスし、人気のない山あいの林道を歩いたりしています。
最近はよく歩くようになりました。足腰の弱りが気になりだしたこともあります。

昨日の林道から
1枚目:キバシリ、ビシッと撮りたかったけれど撮影条件ダメでした。
2枚目:コゲラはなぜかそこそことれるんですよね。

3-4枚目:コシアカツバメが来てました。地元の住民の話では一週間ほど前から来ているとか。


2020/04/28(火)


山あいの池で1羽のシギが、えッと思ったがキアシシギでした。
海岸から10数キロ離れた池にもキアシが入ることがあるんだ。

4月に現れるサナエトンボも何種類かいるのだろうけれど、飛んでいるものは撮ることが出来ず
何ヵ所かで撮れたサナエの仲間はタベサナエばかりでした。
コサナエを探しているのですがなかなか出会えません。
3枚目と4枚目はタベサナエ♂。

尚、五主海岸はコロナウイルス感染予防のため、5月13日まで通行止めだそうです。


2020/04/27(月)


コサナエかと思って撮っていましたがパソに取り込んで見ると
タベサナエ♀のよう。
小型サナエの識別も野外ですんなりと行きません。

3枚目:ウズラシギ夏羽♂。
4枚目;エリマキシギ夏羽♀。


2020/04/25(土)


これから夏に向けて午前はトンボ、午後は海岸線で海鳥の探鳥。そんなパターンが普通になっていきます。
今日は成果が薄かったです。
1枚目は400个妊肇螢潺鵐阿覆靴隆崖磴離潺筌灰疋蝓
2枚目は800mmでトリミングなしの同干潟のミヤコドリ。
3枚目:ニホンカワトンボ♀
4枚目:シオヤトンボ連結



2020/04/23(木)


ウスバキトンボは6月頃から秋に見られるトンボと思っていたので、目の前を飛ぶトンボに「えっ?」何トンボとなりました。
腹部の模様からウスバキと思っても、確信するためにとまるのを待ちました。
ウスバキってなかなかとまってくれないんですよね。1枚目:成熟♂。

2枚目:シマアジが6羽+2羽。毎年4月上旬に出会いがあるシマアジですが今春は下旬になって出会いが多くなりました。
今日は2か所で8羽。♂のディスプレイが楽しませてくれました。

3枚目:逆光で遠く普通なら諦めるところですが今季初見だったオバシギ。6羽おりました。

4枚目:白い羽縁が明瞭なキアシシギ夏羽。
この時期のキアシシギは全体が地味な羽色ですが羽縁が明瞭なタイプと明瞭でないタイプがおり、
羽縁模様の違いを意識して見ると結構楽しめます。キアシシギ今季初見でした。


2020/04/21(火)


2日間、同じ鳥を見て一日が終わったような。変化のない日でした。
1-2枚目:コムクドリ
3枚目キョウジョシギ
4枚目:メダイチドリ


2020/04/20(月)


今春はなかなかシマアジに出会えなかったがやっと。カップルで仲良く遠くに泳いでいた。
2枚目:チュウシャクシギがどっと入って来たようで、今日は数か所で50羽以上。
3枚目:ソリハシシギも3羽見かけましたが、キアシシギは未到着。明日あたり入って来るかな。
4枚目:オオハシ君も夏羽を急いでいます。赤くなってきました。


2020/04/18(土)


セイタカシギ6羽、久しぶりでした。今年は地元で越冬しなかったので
繁殖地 探しに立ち寄ってくれたセイタカシギ一家に感謝です。
1枚目と2枚目の♂は同一個体です。胸に婚姻色のピンク味が出ています。
3枚目は成鳥♀です。

4枚目は初めて出会ったツマキチョウです。ワンカットしか撮れなかった。


2020/04/16(木)


今日はめちゃ嬉しいものはなくてもときめくものがありました。
1枚目:キョウジョシギ、メダイチドリ、ソリハシシギが初見でした。
メダイもキョウジョも越冬しているのはいましたが、渡りの初見は特別です。

おまけは、教えていただいたコマドリでした。2枚目はごっつあんのコマドリです。
3枚目:シオヤトンボ未成熟♂。幼虫で越冬するトンボです。
減少傾向にあるトンボですが今季初見は特別です。
4枚目:シオヤトンボ未成熟♀。


2020/04/14(火)


春の渡りのムナグロ、2個体だけでしたが今日が初見でした。

1枚目は♂成鳥夏羽でいいのですが、問題は2枚目です。
これ迄、2枚目のような羽衣だと?と思いながらも夏羽に換羽中だとしていましたが、
当個体は夏羽♀なのでは。
手持ちの図鑑には♀夏羽の写真も説明もないので図鑑の裏付けはありません。

3枚目は2016年5月19日の写真です。
5月19日ですが明らかな夏羽個体は左側の2羽だけで、右前の3羽は2枚目の羽模様と似ています。
撮影日を考えると3羽が換羽中というのも変な話です。また、第1回夏羽にも見えません。
左側2羽は♂成鳥夏羽で問題なく、右側3羽は♀夏羽と考えられます。
ムナグロの♀夏羽は♂夏羽のように顔・胸・腹が一面黒くならず白い部分が多く残るようだ。

4枚目:ホオアカ夏羽


2020/04/12(日)


コロナの波がじりじりと地元まで押し寄せてくる。
知らない間に自分がかかっていたらと思うと怖いですね。
家族や近しい人を巻き込んでしまう。
「密閉・密集・密接」の三密の内、特に気を付けなければならないのは密接です。
野鳥の情報があってもよほどでない限り当分は近づきません。
人が多ければ2mと言う間を開けて撮影するのも無理だろうから。
コロナにかからないよう最新の注意をはらいたい。

ーコチドリ成鳥夏羽ー



2020/04/11(土)


4月中旬頃にオオジシギが当地を通過して行くのが過去のデータから分かります。
秋は毎年見られますが
春の出会いは少なく、オオジと出会うと「おっ、オオジだ!」と集中します。
しかし光の具合が悪くいい写真にはならなかった。
1枚目と2枚目は同じ個体です。オオジシギ成鳥。

3-4枚目:
コムク20数羽の群れと出会うも撮れたのは♂1羽のみ。
1羽の♂を撮っている間にみんな飛び去ってしまいました。




2020/04/10(金)


コロナと最前線で戦っている関係者に感謝の拍手を送ります。
「金曜日に感謝の拍手を」

来週から金曜日の正午に私も拍手を送ることにします。

1-2枚目:オオハシシギ成鳥 夏羽に換羽中。
3-4枚目:ツルシギ成鳥。換羽の状況はいろいろです。早い個体は黒さが目立ってきました。



2020/04/09(木)


ムクドリ4羽と一緒にいた鳥、コムクと思い撮りだしたが違和感が・・、
ノビタキ、ジョウビタキといろいろ頭に浮かんでは消えていった。
半年ぶりのコムクドリ♀に迷いを生じてしまいました。

ヘビースモーカーの私が10日間たばこを吸っていないからかもしれない。
40代の頃に8年間煙草をやめていたので禁煙は今回2度目です。


2020/04/06(月)


春季のシギチの調査を終えてから、伊勢の公園まで足を延ばしました。
駐車場も空いているし歩いている人も少ない。
久しぶりに赤福茶屋に寄りました。桜を見ながら食べる赤福はうまかったです。
数十羽のレンジャクも愛想をしてくれました。
3-4枚目はニュウナイスズメは探せなかったので、只のスズメになりました。


2020/04/04(土)


トンボを上げるのも久しぶりです。成虫で越冬するトンボです。ホソミオツネントンボ。
1枚目は♂、2枚目は♀です。

3枚目:オオハシシギも肩羽に夏羽が見えてきました。
4枚目:ツルシギが7羽になりましたが、1画面に収められなかった。


2020/04/02(木)


風の当たらない葦原で小鳥を狙ってみましたが成果もなく、諦めて立ち去ろうとしたとき、
アリスイが同情してくれたのか車の前方に飛んできました。

3枚目:桜とメジロ。4枚目:桜とコゲラ


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
Top「光昌のホーム」
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71