ヤマシギ 成鳥冬羽(2月)

ヤマシギはユーラシア大陸の北・中部で繁殖し
日本では本州中部以北で繁殖しているようです。

西日本では冬鳥で、三重県でも冬季に草地や水田などで
日中に観察されることはありますが
本来、夜行性で主な生息地が林間のため
人の眼に触れる機会が少ないシギです。

丸々太った体形で、頭上から後頸にかけ太い黒褐色の横斑があります。
上面は全体に褐色で黒色、淡色、黄褐色の複雑な模様をしており
脇と腹に褐色の横斑があります。

容姿が独特で似ているシギと言えばアマミヤマシギになりますが
アマミヤマシギは三重県では生息していません。

撮影:2019.01.21
 1
 2
 3
 4
 5

三重の野鳥 光昌のホーム