ムナグロ 成鳥 夏羽に換羽中(4月)

3月迄見られる雨覆の擦れが激しい第1回冬羽が
4月になると居なくなります。

越冬していた群れは第1回冬羽が多く成鳥は少ないので
3月下旬に越冬群は去り、渡りの成鳥群と入れ替わるようです。

1枚目から4枚目はそれぞれ別個体で
4個体とも褐色の古い羽が残っています。

幼羽が摩耗し退色したものなのか、冬羽が摩耗・退色したものなのか
成鳥なら冬羽に換羽中になり、幼羽であれば第1回冬羽に換羽中となります。

ダイゼンの第1回夏羽は下面の黒斑はないか、あっても少ないです。
ムナグロの第1回夏羽もよく似た換羽をするのであれば
1枚目・2枚目は腹の黒斑が多く出ていることで成鳥と考えることが出来ます。

冬羽も擦れが目立ってくる3月です。
擦れた幼羽と擦れた冬羽の 見分けは難しいですが
日付を考慮すると雨覆の擦れが幼羽にしては軽すぎるようにも思います。

夏羽個体(6枚目以降)が4月になると見られるようになります。

撮影:2013.04.22-2016.04.29 松阪市
 1
成鳥 夏羽に換羽中 2013.04.22
 2
成鳥 夏羽に換羽中 2013.04.22
 3
成鳥 夏羽に換羽中 2013.04.22
 4
成鳥 夏羽に換羽中 2013.04.23
 5
成鳥 夏羽に換羽中 2013.04.23
 6
成鳥夏羽 2013.04.29
 7
成鳥夏羽 2015.04.11
 8
成鳥夏羽 2015.04.18
 9
成鳥夏羽 2016.04.29
 10
成鳥夏羽 2016.04.29
 11
成鳥夏羽 2016.04.29

三重の野鳥 光昌のホーム