2月のムナグロ

成鳥冬羽と第1回冬羽は図鑑通りのものもあれば
考えさせられる個体がいるのはムナグロも例外ではありません。

ムナグロも典型的な個体以外識別難度は高いです。
特に雨覆や三列風切に冬羽が多く出て幼羽が隠れ気味だと難しくなります。

5枚目・6枚目・7枚目は第1回冬羽としましたが考えさせられます。

特徴のよく出た成鳥冬羽や第1回冬羽の画像を多く見て
識別眼を養っていくしかありません。
それ故なるべく多くの画像を掲載しています。

撮影 2012.02.04-2012.02.28 松阪市
 1
図鑑通りの成鳥冬羽 20122.02.04
各羽の先端部分が丸味があり、羽縁は白く細い。
 2
第1回冬羽 20122.02.18
 3
成鳥冬羽 2012.02.28
 4
成鳥冬羽 2012.02.28
 5
第1回冬羽 2012.02.28
 6
第1回冬羽 2012.02.28
 7
第1回冬羽 2012.02.28
 8
第1回冬羽 2012.02.28
 9
第1回冬羽 2012.02.04
 10
1回冬羽 2012.02.04
 11
第1回冬羽 2012.02.04
 12
図鑑通りの第1回冬羽 2012.02.04
 13
図鑑通りの第1回冬羽 2012.02.18
 14
第1回冬羽 2012.02.18
 15
第1回冬羽 2012.02.18
 16
第1回冬羽 2012.02.28
↑の個体は雨覆に幼羽が残るが一部に冬羽が出ている。
三列風切も冬羽が出ています
 17
第1回冬羽 2012.02.28
 18
第1回冬羽 2012.02.28
 19
第1回冬羽 2012.02.28
 20
第1回冬羽 2012.02.28

三重の野鳥 光昌のホーム