ムナグロ 幼鳥 黄色斑が少なく、白味の強いタイプ

当個体の上面は黄色い斑がほとんどなく白黒模様をしています。
下面も胸から腹にかけて黄色味がありません。
このような羽色だとダイゼン幼鳥との識別に注意が必要になります。

ダイゼンには短い後趾があり、ムナグロにはない。
ダイゼンの脇羽は黒くムナグロの脇羽は淡い褐色。
↑の2点は最も有効な識別点です。

ムナグロは海側にも入りますが当地では
ダイゼンが内陸部の水田などで見られることはごく稀です。

水田で見ればダイゼンでなくムナグロと思っていいほどです。
ダイゼンは年間通してよく見られる普通種ですが
当地での10年間の観察でもダイゼンを内陸部で見たのは2度だけです。

撮影 2010.10.30 松阪市
 1
幼鳥 2010.10.30
 2
幼鳥 2010.10.30
 3
幼鳥 2010.10.30
 4
幼鳥 2010.10.30
 5
幼鳥 2010.10.30
 6
幼鳥 2010.10.30
 7
幼鳥 2010.10.30

三重の野鳥 光昌のホーム