5月1日のムナグロ

黄金色の斑が目立つとても綺麗な羽模様をしていました。

背・肩羽に夏羽が出て下面の黒色斑がまだ出ていません。摩耗した羽も見当たりません。
背・肩羽の黄金色の羽は新鮮で冬羽でなく新しい夏羽と思います。

この個体だけが黄色味が強く、黄金色に光り、群中でひと際目立っていました。
黄金色に光るのは新しい羽の証拠であり5月1日と言う日付から夏羽であると言えます。

他のムナグロは下面も黒くなった夏羽か、黒い斑が散らばる換羽途上の成鳥でした。
このムナグロの存在感に眼が釘づけになったのを覚えています。

下面に黒い斑がないこと、眉斑から下尾筒迄連なる白色部もなく、
第1回夏羽なのかとも思ったのですが上面だけがこれだけ夏羽に換羽するとも思えません。

成鳥夏羽のような羽衣にならず冬羽のような不完全な換羽で終わる第1回夏羽は
多種にも見られますが、当個体のように上面だけが綺麗に換羽することはないはずです。

眉斑から続く白色部、下面の黒色斑がなく
背・肩羽・三列風切は黒色の軸斑に黄金色の斑。いかに解釈すればいいのだろう。
上面に比べ白色部や下面の黒色斑の出が大きく遅れている換羽途上の成鳥で
換羽が進めば通常の夏羽のようになるのだろうか。夏羽に換羽中の成鳥でいいだろうか。

夏羽への換羽が進んだ同じ日の成鳥を6枚目に掲載しました。

撮影:2010.05.01 松阪市
 1
2010.05.01
 2
2010.05.01
 3
2010.05.01
 4
2010.05.01
 5
2010.05.01


 6
成鳥夏羽 2010.05.01


三重の野鳥 光昌のホーム