ムナグロ 第1回冬羽 紛らわしい羽衣(2月)

30羽ほどのムナグロが2012年も越冬していますが
成鳥冬羽と第1回冬羽の識別が容易なものと考えさせられるものがいます。

@白斑が小さく細い羽縁状で見た目にも斑によるごちゃつきがなく、
 上面がすっきりしている成鳥冬羽。
A雨覆や三列風切の幼羽の摩耗が目立つ明らかな第1回冬羽。
B幼羽の摩耗が目立つほどでもなく、退色している程度の第1回冬羽。
C他に第1回冬羽か成鳥冬羽か分かりづらい個体(2枚目以降)。

1枚目の典型的な2個体を見て、
2枚目以降を見ると、成鳥冬羽か第1回冬羽かとなりますが、
雨覆、三列風切などをよく見ると摩耗した幼羽が残っています。

撮影 2010.02.21 松阪市
 1
2010.02.21
 2
第1回冬羽 2010.02.21
 3
第1回冬羽 2010.02.21
 4
第1回冬羽 2010.02.21
 5
第1回冬羽 2010.02.21
 6
第1回冬羽 2010.02.21
 7
第1回冬羽 2010.02.21
 8
第1回冬羽 2010.02.21
 9
第1回冬羽 2010.02.21

三重の野鳥 光昌のホーム