ハイイロヒレアシシギ 63羽の避難群

ハイイロヒレアシシギ63羽の群れが間近で乱舞する。
2012年4月23日はいつまでも記憶に残る感動の日でした。

前日の4月23日に休耕田のあちこちで5羽見ていました。
同日、近郊の河川に30ほどの群れがいたという話を聞くも確認できていない。

天気回復前の翌24日午前に休耕田で餌を捕る3羽を見ています。
午後からは太陽が顔を出し海も風波がおさまり全て外洋に戻っていくだろうと。
が、その予想は見事に外れました。

午後の香良洲海岸に浮かぶ63羽のハイイロヒレアシシギ。
外洋の風波を避け散らばって避難していたのが1ヶ所に集結したのだろう。

全く無警戒のハイイロヒレアシシギ群、眼前で動き回るハイイロヒレアシシギ群。
夢中でシャッターを押すだけの世界でした。

そうだ証拠画像を撮らなければと気が付き自宅に広角のレンズを取りに走りました。
現場では波が残り、動き回るハイイロヒレアシシギをカウントするのは無理なので
写真判定で63羽を確認しました。

冬羽から夏羽。成鳥から若鳥までの混群でした。

過去、荒天の日に避難鳥を見ることはあってもそれは単独か多くて2羽でした。
これだけの数が避難してきたのはハイイロヒレアシシギでは初めてのことです。
ちょうど渡りの群れが沖を通過していたのだろう。

撮影:2012.04.23  津市
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
 10
 11
 12
 13
 14
 15
 16
 17
 18
 19
 20

三重の野鳥 光昌のホーム