5月のダイゼン

顔から腹まで黒色が目立つ夏羽ですが
5月になっても下面の黒色斑がなく白い個体が多く見られます。

5月になると冬羽も擦れが目立ってきますが
幼羽はそれ以上に擦れが激しいはずで
雨覆に激しく擦れた羽が残っていれば断定は出来なくても
第1回夏羽と考えることはできます。

下面に黒色斑が殆どなく上面も黒色斑や白色斑がないか少ない。
雨覆の擦れも激しくない。
そんな個体は換羽中の♀成鳥なのか、換羽の遅れている♂成鳥なのか
第1回夏羽も含めて迷いがでます。

8枚目のA個体から13枚目のF個体まで、雨覆に激しい擦れはなく
黒色斑や白色斑が殆どない。

このような羽衣の個体を深く考えず第1回夏羽としていましたが
雨覆が激しく擦れている14枚目の第1回夏羽の羽衣を見ると
本当に第1回夏羽でいいのかと思われてきます。
成鳥の可能性も考えないといけないのかも知れない。

5月の冬羽のような羽衣の個体がどのように換羽していくのか
継続観察したくても越夏するのは少数で大半が繁殖地に旅立って行きます。

秋の渡りまで約2ヶ月半の間、ダイゼンを撮影できる機会は限られます。
越夏するダイゼンはなぜか警戒心が強く
羽の詳細が分かる距離で撮れることが殆どありません。

撮影:2014.05.10-2007.05.01
 1
2014.05.10  右下の1羽はオバシギ、他はダイゼン
 2
2014.05.10  右下の1羽はオバシギ、他はダイゼン
 3
2014.05.10 全てダイゼン
 4
ダイゼンは年齢に関係なく飛ぶと脇が黒い 2014.05.13
 5
2014.05.13
 6
2014.05.13
 7
成鳥夏羽と第1回夏羽  2011.05.21
 8
A個体 第1回夏羽 2010.05.05
 9
B個体 第1回夏羽 2008.05.18
 10
C個体 第1回夏羽  2010.05.07
 11
D個体  第1回夏羽 2011.05.21
 12
E個体  第1回夏羽 2010.05.07
 13
F個体  第1回夏羽 2007.05.01


↓第1回夏羽
 14
第1回夏羽 2008.05.18
 15
左:♀成鳥夏羽  左:第1回夏羽 2009.05.13

三重の野鳥 光昌のホーム